なびの洋裁教室ブログ

自由に簡単にお洋服を作りたい!お気に入りの生地がカタチになっていくワクワク感を体験してくださいね。

ロックミシン雑感。

f:id:navistyle:20170919222044j:plain

 

 

 

なびのロックミシンの歴史は

初めて職業用ミシンを購入した時から始まります。

 

中学一年生の時に買ってもらったブラザーの家庭用ミシンが

ミシン歴の始まりで、長く苦楽を共にしました。

専門学校時代もこの家庭用ミシンで乗り切りました。

 

フリーでデザイン活動をしていて、

朝から晩までミシンを使うことがあり、

その時、フットコントローラーが異常に熱くなってしまい、

家庭用モーターの限界を感じるようになりました。

 

その時代、職業用ミシンは机付きの鋳物(鉄)タイプが主流で、

今のようなプラスチックボディのポータブルは出ていませんでした。

 

そこでブラザーの職業用ミシンとJUKIロックミシン

やってきました。

実は言うと、両方とも母が買って送ってくれたので

なびは選んでいないし、値段も知らないのでした。

(ちなみになびの母は特段ミシンを知っているわけではありません。)

 

親がかりでミシンを手にしたわけですが、

制作の世界の扉が新たに開く瞬間であったかも知れません。

 

機械としては優しく芯の強いブラザー、

「ザ・機械」のJUKI、という印象です。

 

JUKIロックミシンは1本針3本糸でした。

 

 

糸掛けには、ま~~泣かされました。

 

30分かかっても上ルーパー糸がうまくかからない。

 

糸が切れてしまうと糸掛けに時間がかかってしまい、

糸替えが恐怖になってしまう気持ちはよく理解できます。

 

実は今でも糸替えは少し憂鬱。

出来れば変えたくない。

 

でも、以前の憂鬱な気持ちはそれほどでも無くなってはいます。

まず一から糸替えをすることはほとんど無い、と言う事と、

悩みの種だった上ルーパー掛けが昔に比べると

改善されているからです。

と言っても、エアースルーを言っているのではありません。

エアースルーと言うのは別世界のお話です。

 

 

 

 

f:id:navistyle:20170919095614j:plain

 

このロックはJUKIロックから買い替えて15年くらいの「衣縫人」です。

糸掛けは従来通りのものです。

15年間トラブルもなく、糸調子をこまめに面倒を見ればよい優秀選手です。

 

糸変えは結んで変えるので、一から変えることはほとんどありません。

上下ルーパーは針穴が大きいので結び目で詰まることはほとんどありません。

針は穴が小さいので切れやすいですが、最近はカラカンするのではなく、

糸を引っ張って様子を見ながら針まで通すので、割合順調です。

(カラカンというのは布を縫わないで糸を出していくこと。ロックは出来ますが、

一般ミシンではしないでくださいね。)

 

 

 

このロックは最近中古で購入した

「エアスルー」の衣縫人です。中古なので正直言って未知数です。

音がうるさいのが心配です。

f:id:navistyle:20170919095638j:plain

 

同じ衣縫人ですが、違いはこのエアスルーのみです。

 

説明書を見ますと、「糸替えの時は糸を結んで引っ張って出してください。」

とあるので、「あれれ?」と言う感じですが。

同じ引っ張るならわざわざエアスルーを買った意味があったのか?

という疑問は残ります。

万一途中で切れてしまった場合に威力を発揮するのでしょうか。

 

どちらにしても、エアスルーは1台は手元に置いて、

その性質を試してみたかったので、これからが楽しみです。

 

 

 

 

 

ロックミシン複合機というものがあります。

ご家庭でニットを気軽に縫えるように、というものですね。

 

カット&ソーンをよりニット寄りにした、と言いましょうか。

カバーステッチと言うものが出来るタイプです。

f:id:navistyle:20170919113003j:plain

 

T-シャツやトレーナーに使われていますね。

この縫い方ですと、伸びるんです。

 

この縫い方の代表的なミシンは「ふらっとろっく」があります。

f:id:navistyle:20170919113218j:plain

 

これはベビーロックさんの機種で、カバーステッチ専用ですので、

普通のオーバーロックと言われる、切りながら縫うロックは出来ません。

 

なのでこれ1台でニットを縫うことは出来ず、他にロックミシン

必要になります。

 

 

「え~!それではイヤ!」

 

と言う方のために、複合機が出ています。

 

ベビーロックの「縫希星」や「縫工房」

JUKIからも出ていますかね。

 

 

5本糸の縫工房です。

f:id:navistyle:20170919114430j:plain

 

 

こちらは最上級機種の「ほうきぼし」

すごいな~…希望価格¥390,000だって!

実際はいくらで買えるのかな~?

f:id:navistyle:20170919114746j:plain

f:id:navistyle:20170919114801j:plain

いろいろ出来るようですね。

 

中でもインターロックと言って、本縫いとロックが1度に出来るのが

魅力です。

よくシャツの脇縫いとかに使われている縫い方ですね。

ただ、本縫いはチェーンステッチになるので、糸が切れると

スラスラほどける可能性があります。

 

 

 

これが1台あれば重衣料以外は縫えますね。

あ、縫い代を割りたい場合でもチェーンステッチが出来るので可能か…。

 

 

価格もびびりそうなくらい高いです。

きっと半額近くくらいにはなるのでしょうが…。

 

そしてその評判は、と言うと。

 

機能を変えるときのなんちゃらがとても面倒らしいです。

あと、講習を受けないととても使いこなせない、とも聞きます。

複合機ならではの機能変更の手順が一般人に使いこなせるかどうか、

ということでしょうか。

なんとなくわかります。

「簡単にあれもこれも出来ます」とか言って、

簡単に出来た試しはないからね~。

「あれこれ出来る」と「簡単」は反比例するというのが実感です。

でも「簡単」と謳わないと消費者は逃げてしまうし…。

 

 

いろいろ検討して、なびには合わないと思いました。

 

理由その1、糸替えも面倒に思うなびに出来るのか?

  その2、針を1本付けることを嫌って新しくロックを買ったなびが

      細かなアタッチメントの交換が出来るのか?

 

などなど。

たぶん、ここちょっとだけこの機能を使いたい!と思っても

なにやらかんやら付け替えたりするのが、きっと面倒なんだろうな~

と想像するのであります。

 

実は「縫工房」の安い出物があったので「やったー!」

と飛びつきそうになったのですが、

少し調べたら上記の疑問が浮上したので思いとどまったのでした。

 

 

考えて見れば、機械というものは

それ専用というものが最強なんです。

縫製の世界では「閂専用」とか、「8番糸専用本縫い」とか

「それだけ」しかできないミシンが普通。

 

なびはそこまで専用的なものは必要ないので

多機能であればうれしいのですが、

重要なのは使い勝手が良いこと。

 

基本的にはきれいに縫える本縫いミシンとロックがあれば良いのです。

 

ミシンの世界も日進月歩、めざましく進歩しているように見えます。

 

機能と使いやすさは共存するのでしょうか。

 

なんでも簡単に出来るのは良いようであって、

もしかして何かを犠牲にした結果かも知れません。

 

家庭用ミシンで糸通しが出来なくなったから、

捨てて新しいミシンを買いたい、という方がいました。

糸通しという機能はあれば便利なものですが

無くてはならない機能ではありません。

でも、「完璧」を求める方にとっては

糸通しの不具合=欠陥品の不用品になるのです。

 

また、「自分で糸掛けをしなくてはいけないの?」と

聞かれたことがありました。

まさかミシンの前に座るだけで作品が出来上がる、みたいな

そんな魔法のように思っていらっしゃるのか?

とか思ったことがありました。

 

私たちって人間としての機能が低下してしまったのでしょうか。

 

そのような方が増える中、ミシンは便利に簡単に優しく優しく

消費者に寄り添って来たように思います。

機械が賢くなれば人間は工夫をしない分、

どんどんアホになっているような気がします。

 

 

かく言うなびも面倒なことを厭うアホであるので、

大きなことは言えないのですが。

 

ロックミシンでも、普通のミシンでも、

購入したらそのミシンと格闘して行きたいと思います。

なびもそうですが、たぶん、そのミシンの性能の半分も

きっと使っていないのではないか?と思います。

 

使わないことに比べれば、ただ一つの機能しか使わない、

でも良いのですが。

 

機械は使ってあげる。

 

これに限ります。

 

 

ぐだぐだととりとめなく書いてしまいました。

時々、与太話をさせていただきます。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

女の子のふんわりダブルガーゼのパジャマ。

台風は関東を抜けて、今北海道ですね。

北海道の皆さま、ご注意くださいね。

 

台風が行って今日は昨日と打って変わって

とても暑い日になりましたが、

エアコンの必要はなく、

なんだかんだ言っても秋らしくなって来ているようです。

 

今日はユザワヤのサンプルの女の子のパジャマです。

サイズは100です。

★柄のダブルガーゼでふんわりと気持ちの良い仕上がりです。

 

f:id:navistyle:20170918191604j:plain

 

 

パターンは市販品を利用しました。

パジャマに合うように袖口など少し変更して、

上衣の裾にフリルを付けたりしました。

レースもあったほうがかわいいと思い、袖口やヨーク切り替えの

フリルに重ねました。

 

パターンは不織布で写して、そこからアレンジを加えます。

f:id:navistyle:20170918191735j:plain

 

 

生地とレースです、

レースはほぼ縫い代がないので、

2㎝巾くらいはあった方が作りやすかったかな。

f:id:navistyle:20170918191813j:plain

 

 

裁断をしました。

f:id:navistyle:20170918191838j:plain

 

先ずは前身頃のヨーク切り替えから。

フリルの三つ折りをしてギャザーを寄せて

身頃に仮止めをしているところです。

レースはフリルの縫い代ぎりぎりのところにのせています。

f:id:navistyle:20170918191909j:plain

 

 

身頃と袖をくっつけます。

f:id:navistyle:20170918191934j:plain

 

 

袖口にレースを付けます。縫い代はロック始末で。

f:id:navistyle:20170918192011j:plain

 

 

 

裾のフリルを輪にして、三つ折りミシンをかけます。

f:id:navistyle:20170918192044j:plain

 

 

 

衿ぐりを始末します。

市販パターンの説明では縫い代1㎝で5㎜くらいのステッチの中に

ゴムを通す、という仕様になってますが。

縫い代1㎝にゴムを通すのはきついので、

15㎜にして、7㎜ステッチにしました。

ロックの巾も7㎜なのでちょうど良い感じ。

f:id:navistyle:20170918192116j:plain

 

 

ここまでの裏面です。

あとミシンは袖口のゴム通し布と、裾のフリルを縫うだけとなりました。

f:id:navistyle:20170918192140j:plain

 

 

 

袖口のゴム通しは共布を利用しました。布は1㎝巾です。

ゴム通し口は突き合わせにしてくださいね。

重ねて縫ってしまうと、ゴムは通せても出口がありません…。

f:id:navistyle:20170918192210j:plain

 

 

 

裾にフリルを付けています。

f:id:navistyle:20170918192246j:plain

 

 

 

ロックをしてから、表からコバステッチをかけます。

f:id:navistyle:20170918192310j:plain

 

 

袖口を覗いてみました。

f:id:navistyle:20170918192341j:plain

 

 

 

衿ぐりと袖口に4コールゴムを通して、上衣が完成です!

f:id:navistyle:20170918192448j:plain

 

 

こちらはズボンです。

裾にレースを付けて、ゴムでふんわりさせます。

ゴムはズボン丈の調節も出来ると思います。

f:id:navistyle:20170918192524j:plain

 

 

 

例によって、余り布でバッグ(と言えるかどうか…)を作りました。

f:id:navistyle:20170918192612j:plain

 

 

3点セットでございます。

f:id:navistyle:20170918192651j:plain

 

 

今回はパターンをアレンジしているし、ズボンのパターンはないので、

レシピを書きました。

 

f:id:navistyle:20170918192729j:plain

 

 

ガーゼは本当に着心地が良いので、パジャマにお勧めです。

お子様ならなおさらですね。

 

親子でペアで作るのも楽しいですね。

ニットでポーチ8個。

 

ハマナカとかの毛糸メーカーの編編地サンプルというものが

あります。

f:id:navistyle:20170917212243j:plain

こんな感じで風合い見本になっています。

 

シーズンが終わると処分されるので、

それをいただきました。

 

カラー見本でもありますので

すべてパッチワーク風になっています。

 

これをいただいたのはもう少し前になりますが、

かつての仲間たちにポーチでも作って贈りたいなぁ、と考えていたのです。

 

なかなか形に出来ぬまま時が経ってしまいましたが、

やっと作ることが出来ました!

 

f:id:navistyle:20170917212131j:plain

 

f:id:navistyle:20170917212622j:plain

 

編地はいろいろですのでひとつも同じものはありません。

 

かわいいかどうかは別にして形に出来て、満足しました~。

 

f:id:navistyle:20170917213745j:plain

 

 

f:id:navistyle:20170917214341j:plain

今日は台風のせいか、少し肌寒いような日でしたので、

こういう温かみのあるものを触りたかったのかも。

 

でも明日は再び暑くなるという予報です。

もう30度超えは勘弁してほしいな~。

 

ロックミシンだけでニットのチュニックを作りました。

新しくロックミシンが仲間入りしました。

ベビーロックの衣縫人です。

中古です。

 

 

f:id:navistyle:20170916211133j:plain

 

このロックミシンは2本針4本糸です。

前からあるロックも衣縫人の2本針4本糸ですが、

1本針3本糸で使っているのでニットは一本で縫えません。

 

この新入りはきちんと2本針で使って、

ニットを縫いたいと思います。

 

 

さっそく試しにシンプルなチュニックを作ってみることにしました。

ロックミシンのみで作ってみます。普通のミシンは使いません。

 

 

裁断をしました。

f:id:navistyle:20170916211200j:plain

 

 

右肩を縫って、左肩を縫う前に衿ぐりを縫います。

f:id:navistyle:20170916211243j:plain

 

 

右肩と衿ぐりが縫えました。

f:id:navistyle:20170916211318j:plain

 

そして左肩を縫います。

f:id:navistyle:20170916211436j:plain

 

 

次は袖口を縫います。

f:id:navistyle:20170916211505j:plain

 

 

このように折って…

f:id:navistyle:20170916211555j:plain

 

メスをロックして生地をカットしないようにします。

f:id:navistyle:20170916211716j:plain

 

ロックしてま~す。

f:id:navistyle:20170916211638j:plain

 

 

裏はこんな感じ。

画像は分かりにくいですが、表には一本縫いこまれた線が入ります。

f:id:navistyle:20170916211752j:plain

 

後は脇を縫って、裾を袖口と同じように縫います。

 

 

 

 

一般のオーバーロックの余分な糸は切ってしまいますが

今回はロック糸の端処理が必要です。

このように毛糸針で縫い目に入れ込みます。

f:id:navistyle:20170916211835j:plain

 

 

とりあえず、完成です。

f:id:navistyle:20170916211909j:plain

f:id:navistyle:20170916211934j:plain

f:id:navistyle:20170916212010j:plain

 

試行錯誤しながらも、

ロックのみですので、とにかく早く出来ました。

 

裾がどうなるかな?と思いましたが、

まあまあ出来ました。

 

これまではニットも普通に本縫いで縫っていましたが、

今後はこういった方法も取り入れていきたいと思います。

 

新顔のロックミシンは中古なので

調子が心配です。

音がけっこううるさいのでスムーズに運ぶよう

ミシン油を注しましたが…。

 

ロックミシンは職業用ミシンと同等のモーターが搭載されているのでかなり長持ちするのです。

 

 

ロックでこれから挑戦したいのはウーリー巻きかな?

フリルの端が楽になります。

 

ロックミシンを使いこなして

いろいろと作って行きたいものです。

 

 

 

 

 

 

ミシン糸かけを手作り中。

ミシン糸は基本太巻きを使用しています。

よくお直し屋さんなどで、糸がズラ~っと壁にかけてあるのを見ては

いいなぁ、と。

 

普段は糸専用のワゴンにごちゃっと入れているのですが、

なびも壁にかけたい!と言うことで

DIYに挑戦する決心をいたしました。

 

 

まず、ホームセンターで穴のあいている合板?を探し、

その穴にはまる丸い棒を調達しました。

 

棒をカッターでゴリゴリ切って、合板の穴に突っ込みます。

棒の先には滑り止めの輪ゴムを巻き付け、完了です。

 

f:id:navistyle:20170915194821j:plain

 

途中で飽きてしまい、作業はここまで。

とりあえず、使った糸をランダムに掛けてみました。

カラーグラデーションで並んでいたら見栄えも良いでしょうなぁ。

 

 

サイズは90×90なのですが、ちょっと圧迫感があるので、

横90㎝×縦45㎝にカットして壁に取り付けた方がよろしいかも。

色は壁に合わせて白が良かったけど、

こういうナチュラルカラーしかなかった…。

 

掛けたい糸はたくさんあるのですが、

まだワゴンの中でからまりあっています…。

 

 

 

************************************

 

ここで糸の話を少し。

 

ミシン糸には扱いやすい綿ライクなスパン糸と

サラサラしていて光沢のあるフィラメント糸がありますね。

スパン糸の代表はシャッペスパン、

フィラメント糸の代表はファインです。

 

昔、縫い縮みやすいのはスパン糸と言われていました。

 

でも扱いやすいのはスパン糸ですね。

 

なびの30年選手の鋳物の職業用ミシンは縫い縮みが

けっこう悩みだったんです。

(もっとこまめに調整すればよかったかも、ですが。)

 

現在は通常の糸はフィラメント糸を使用しています。

なびの記憶では縫製工場ではあまりスパン糸は使いませんね。

ただフィラメント糸はサラサラと糸が滑りやすくて

糸通しの途中の部分で外れやすく、

どちらかというと苦手だったのです。

 

でもここにきて初めて知ったことが

なびの悩みを解決してくれました。

 

それは糸掛けにあったのでした。

 

職業用ミシンは糸掛けの途中に3個の穴があるのですが、

ここの通し方は糸によって変える、ということを

今になって知ったのでした。

 

ま、平たく言えばフィラメント糸は3個の穴全部に通す、

ということでした。

スパン糸は2個通すんです。

 

ただこれだけのことで途中で糸が外れることなく

うまく縫えるようになりました。

 

いや~まだまだ勉強ですなぁ。

 

ま、ほとんどの機械系の取説もろくに読まず

いきなり操作しようとする雑さが良くないのは自覚しているのですが…。

 

これからもお勉強して少しでも

目からウロコを落としていきたいものです。

 

では。

 

 

ハリスツイードのバッグinポーチ

こんにちは!

 

本日は前日のハリスツイードのトートバッグの

残り生地でポーチを作ります。

 

さすがに両面取れる生地は残らないので

裏面は別布を使用します。

 

内布も裏地の残布を利用しました。

寸法は適当です。

 

f:id:navistyle:20170914211248j:plain

 

 

 

裏面はウールライクな生地をチョイスしました。

脇にはDカン付きのタブと、バッグと同じのトリコロールの

グログランテープをはさみます。

f:id:navistyle:20170914211330j:plain

 

 

内布の裏地にファスナーを付けました。

ファスナーはコイルファスナー20㎝です。

f:id:navistyle:20170914211405j:plain

 

ファスナーに表布も付けました。

f:id:navistyle:20170914211509j:plain

 

 

まわりを縫っていきます。

裏地には返し口を縫い残してくださいね。

f:id:navistyle:20170914211544j:plain

 

 

 

返したら、返し口を閉じます。

f:id:navistyle:20170914211613j:plain

 

こんな感じです。

あれ?裏地がしわくちゃ…。

f:id:navistyle:20170914211645j:plain

 

 

取り外せる持ち手を付けました。

f:id:navistyle:20170914211733j:plain

 

 

このようにペアで使ってくださいね。

f:id:navistyle:20170914211757j:plain

 

 

 

ハリスツイードは100年くらいの伝統がある、

スコットランドの手織りの毛織物です。

温かみのある風合いが魅力ですね。

 

今では「しまむら」や「ダイソー」でお値打ちに手に入るようですが、

ハリスツイードが何%入っているかは疑問です。

 

 

カットクロスを利用して、ちょっと頑張れば

かわいいトートバッグが出来てしまいます。

お気に入りの柄を選んで作ってみて下さいね。

 

 

 

ハリスツィードのカットクロスでミニトート。

f:id:navistyle:20170912210825j:plain

 

スコットランドの毛織物、ハリスツイードのカットクロスです。

この生地を目一杯使って、何ができるかな~と考えて…

イギリスっぽい、トラッドなトートバッグを作りたいと考えました。

f:id:navistyle:20170912212123j:plain

 

 

制作過程を書いていきます。

 

まずは裁断。

生地はストライプを縦に目一杯使って、

余った生地で内布の口布をとって、

内布はタータンチェックを採用。

持ち手はラインの入った幅広を選びました。

芯は表に厚地を、内布に普通タイプを貼ります。

f:id:navistyle:20170912210915j:plain

 

 

 

持ち手を仮止めしました。

脇にはトリコロールのグログランテープをちょこっとはさみます。

f:id:navistyle:20170912210948j:plain

 

 

内ポケットを縫って、

口布と内布を接ぎました。

f:id:navistyle:20170912211026j:plain

 

 

生地に付いてくる、ハリスツイードのネームを付けました。

f:id:navistyle:20170912211205j:plain

 

 

 

表布と内布を中表に合わせます。

f:id:navistyle:20170912211234j:plain

 

 

 

両端の口布を縫います。

さあここでなびはミスを犯してしまったのです。

どんなミスかは後ほど。

 

口布を縫ったら脇を縫います。

この時内布の脇に返し口を縫い残します。

f:id:navistyle:20170912211258j:plain

 

 

マチを縫います。

f:id:navistyle:20170912211331j:plain

 

 

 

ひっくり返す前です。

内布の縫い残しから返します。

f:id:navistyle:20170912211411j:plain

 

 

おっと、マグネットホックを付けるのを忘れていました。

まだ返す前なら間に合います。

マグネットホックは切り込みを入れて留め具を通して

ペンチで広げて固定します。

f:id:navistyle:20170912211510j:plain

 

 

 

ひっくり返しました!

 

f:id:navistyle:20170912211545j:plain

 

 

 

口布を閉じます。

f:id:navistyle:20170912211626j:plain

 

 

 

お~~っ!

なかなかかわいい!

f:id:navistyle:20170912211858j:plain

 

 

はいここで、ミスのカバーが始まります。

実は口布の端にタブをはさみ込む筈だったのを忘れていました。

タブの素材は何にするか少し悩んで、

布で作るのではなく、綾テープを利用することにしました。

綾テープは2重にして端を縫いとめます。

f:id:navistyle:20170912211652j:plain

 

 

バッグ口の両脇にちょちょっと縫いとめました。

これで、タブをはさみ込むのを忘れたと思う人はいない筈…。

 

タブの先にプラスナップを付けます。

f:id:navistyle:20170912211718j:plain

 

 

 

バッグ口はステッチをかけないで、ふんわりとさせたいのですが、

そのままですと落ち着きがありません。

なのでバック口布の境目のところに抑えミシンをかけることにしました。

これならあまり目立たないと思います。

f:id:navistyle:20170912211751j:plain

 

 

出来ました!

f:id:navistyle:20170912212024j:plain

f:id:navistyle:20170912212054j:plain

f:id:navistyle:20170912212123j:plain

 

 

布が少し残ったので取り外せるポーチを作りました。

(この制作過程は後日UPします。)

f:id:navistyle:20170912212151j:plain

 

 

 

このような内布付きバッグの工程はだいたい2通りあって、

バッグ口を先に縫う方法と

バッグ口を後で縫う方法がありますが、

脇のちょうど縫い目にタブや持ち手をはさみ込む場合は

バッグ口を先に縫ってしまうとはさみ込むことが出来ません。

 

皆さま!気を付けましょう。

 

 

★  ハリスツイードカットクロス

   内布 先染めタータン  その他附属  ユザワヤ