なびの洋裁教室ブログ

自由に簡単にお洋服を作りたい!お気に入りの生地がカタチになっていくワクワク感を体験してくださいね。

「バティック祭り」の残り。

f:id:navistyle:20190716222202j:plain

 

 

こんにちは!

 

 

本日は梅雨の晴れ間でした。

蒸し暑かったですが、

今日以外にチャンスはない!と思い、

ジャングルになっていた植物をさっぱりと刈りました。

 

例年は梅雨に入る前にある程度刈りこんでおくのですが、

今年はそのような時間が取れず、

春から放置していたので、伸び放題になってしまっていたのであります。

 

蚊取り線香を焚きながら、

奮闘すること3時間。

まだ細かなところは出来てませんが、

少しはさっぱりしたかな。

 

悩みは大きく成長しすぎた木です。

自力での剪定に限界を覚えます。

ばっさりとやってしまいたい。

 

夏場は花々を選ばないと元気に咲いてくれませんね。

今年の植物たちはあまり準備してないので、

期待が出来ません。

 

もう少しお世話する時間をとらないといけませんね。

 

 

さて、

前回の続きです。

 

 

シンプルなタイプのバティックです。

テープのようなボーダーがアクセントです。

生地を限界まで使用したフレアーラップスカートです。

f:id:navistyle:20190716222051j:plain

 

 

 

このバティックはお気に入りです。

優しいニュアンスカラーが良き良き。

学生のスカートのようにタックをたたみ、

腰回りをすっきりさせました。

タックは24本。

最初に作った時は、内心(こんなに

タックの本数を作るのではなかった…)と思い、

もう2度と縫わない決心だったのですが、

ご注文で3枚制作させていただきました!

ご購入者様のサイズに合わせてタックも変えるのです。

まだ生地もありますので、ご注文できますよ!

f:id:navistyle:20190716222619j:plain

 

 

さらりと着れるラップスカートです。

夏ならではの大胆な縞系の文様ですが、

年代を問わない不思議なバティックです。

f:id:navistyle:20190716222503j:plain

 

 

渋くて格調高い全体柄の文様です。

タック&ギャザーで落ちついたイメージで制作しました。

これは一番人気でした。

f:id:navistyle:20190716222921j:plain

 

 

サロン風のラップスカートです。

最もバティックらしくて人気ありますが、

生地に問題が多く、たくさん作ることができませんでした。

今はこの生地色より薄いタイプの紺でお作りしてます。

f:id:navistyle:20190716223106j:plain

 

 

 

これも上と同じパターンで作りました。

制作したことを忘れていて、

ミンネには出品していませんの。

f:id:navistyle:20190716223351j:plain

 

 

 

バティックは1枚ものが多く、

なかなか出品しづらいものがあります。

2枚あれば、サイズオーダーが出来ますので、

少なくとも2枚あれば、と思います。

2枚あっても品質に問題があることも…。

 

また来年✋

 

 

 

では。

本日もありがとうございました🏝

 

 

 

 

 

「バティック祭り」の制作がひとまず終了!

f:id:navistyle:20190716220903j:plain

 

 

 

こんにちは!

 

 

お久しぶりです。

梅雨寒が続いていますね。

野菜も値上がりしているようです。

暑いのは苦手なので、

NAVI的にはありがたいですが、

これでは夏物衣料も不調でしょう。

やはり夏は夏らしく暑くなければ、ね。

 

「バティック祭り」もそろそろ一区切りして、

次の作品に移りたいです。

 

バティックは大好きなので、

次から次へ作りたいものが湧いてくるのですが、

今年は(!)この辺で終了して、

ワンピースに行きます!

そのワンピースのカテゴリーでまたバティックが

登場するかも、ですが。

 

本日は「バティック祭り」で制作した作品を

一挙にUPします。(オーダー品も含む)

 

一番上のスカートがラスト作品ですね。

本日のお昼に完成しました。

 

 

 

 

これはミンネにまだUPしておりません。

サイズの確認がまだなんです…。

f:id:navistyle:20190716220945j:plain

 

 

 

リバーシブルタイプのラップスカートで、

無地の綿ボイルが裏打ちされていて、

リバーシブルとして着ることが出来ます。

伝統的なバティックの文様です。

f:id:navistyle:20190716221055j:plain

 

 

可愛く出来ました。

1枚のサロンでワンピースの限界にチャレンジ。

f:id:navistyle:20190716221135j:plain

 

 

ハッと目を引く美しい色合いです。

実物は画像より素朴な印象ですが、一目を引く色合わせなのでしょう。

他のバティックに比べて、

染めの具合があまり良くないかも、です。(NAVIの目から見ると、ですが)

f:id:navistyle:20190716221233j:plain

 

 

上品なバティックです。

どことなく格調高い雰囲気がします。

f:id:navistyle:20190716221345j:plain

 

 

リバーシブルのタック&ギャザースカートです。

内面は紺の綿ボイル素材です。裾からのぞく無地もポイントです。

f:id:navistyle:20190716221450j:plain

 

 

ギャザースカートのラップ風スカートです。

かわいい雰囲気です。

f:id:navistyle:20190716221624j:plain

 

 

可愛く、素朴なバティックですので、

デザインも可愛く、ティアードで。

f:id:navistyle:20190716221717j:plain

 

 

無地に草花の文様が華麗なバティックです。

不思議な茜色地のワンピースは他では絶対にないでしょう。

この生地は小さな点々とした染め残しがあり、

NAVI基準では不良品として使用できない生地がほとんどでした。

その中で最も不良の少ない生地を2枚使用して制作しました。

f:id:navistyle:20190716221811j:plain

 

 

 

オーダーで制作させていただいだワンピースです。

我ながらよく出来たな~  と、自画自賛( *´艸`)

f:id:navistyle:20190716221910j:plain

 

一挙にUP!  と申しましたが、

まだまだあるので、

続きは次回とさせていただきます。

 

NAVIのバティック愛が伝わりますでしょうか?

 

なんせ、バティック修業にインドネシアに渡りたい、と

本気で考えたこともありました。

 

ここ数年はほとんど忘れていた感じでしたが、

久しぶりにバティックに触り、

作品に出来て、なんだか幸せな…  数週間でした。

 

 

 

 

では。

本日もありがとうございました🦀

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

バティックとボイルのリバーシブルスカート②

f:id:navistyle:20190712202452j:plain

 

 

こんにちは!

 

 

古典的な(と思われる)柄のバティックです。

意外に良いのです。(個人の感想です)

f:id:navistyle:20190711211944j:plain

 

 

 

バティック柄、無地側のスカートが出来ましたので、

エストで合わせてベルトと接ぎます。

f:id:navistyle:20190712202713j:plain

 

 

エストは表裏突き合わせにするので、

縫い代を割って、万全の準備をします。

f:id:navistyle:20190712202816j:plain

 

 

表からコバでたたきます。

裏面もきれいになってればOK。

f:id:navistyle:20190712202856j:plain

 

 

 

ミシン作業が終了です。

f:id:navistyle:20190712203027j:plain

 

 

 

無地側です。

エストベルトはばっちりです。

きれいにコバがかかっていてほっとしました。

f:id:navistyle:20190712202947j:plain

 

ボイル素材なのでけっこう透けますが、

バティックは裏面とは言っても、

模様は案外はっきりとしているので、

透けて映る模様がなかなかエキゾチックな雰囲気です。

 

 

ゴムを通します。

f:id:navistyle:20190712203110j:plain

いつもはゴムを入れながらウエストベルトを縫いますが、

無地側もきれいに仕上げたいので、

あえてリスクをとらず、確実にきれいに縫える方を選択しました。

ゴムを通したら、ミシンで止め付けます。

 

 

ゴムが入りました。

f:id:navistyle:20190712203244j:plain

 

 

裾からのぞく別布無地です。

f:id:navistyle:20190712203326j:plain

 

 

無地側です。

エストの無地はボイル生地とほぼ同色でしょ?

f:id:navistyle:20190712203407j:plain

 

 

地味派手な感じで夏にぴったり。

f:id:navistyle:20190711203956j:plain

 

 

裏に返すと無地スカートで2度おいしいスカートです。

透け感もほどほどで涼やかです。

うっすらとバティック柄が透けて見えますね。

f:id:navistyle:20190712203508j:plain

 

 

このスカートもすぐに売れてしまいました。

リクエストがあればお作りします。

で、

今度はサロン風の巻きスカートで

リバーシブルにチャレンジします。

(また同じ生地なんです。無地は変更しますが)

ただ今制作中です!

少し前に裁断だけして中断していたのですが、

てっきりフレアーラップだと思っていたら、

フレアーではなくてサロンタイプだったのでびっくり。

思い込みって怖いですね!

よく考えてみたら、

以前バリ島に通っていた頃、愛用していたサロンがありまして、

バティックでもなく、バリ製でもない日本の製品でしたが、

プリントと無地のリバーシブルだったのを思い出して

作ろうとしたのであります。

 

明日には完成させたいな、と思っています。

これが終了したら、

夏本番のワンピースです。

その中にバティックもちょうちょい入れていきたいですね!

 

 

 

 

では。

本日もありがとうございました🍮

 

 

 

 

リバーシブルスカート①

f:id:navistyle:20190711204045j:plain



 

こんにちは!

 

 

伝統的な全体柄のバティックです。

 

現地ではどちらかと言うと男性柄でしょうか。

 

全体柄なのでどこかで引き締めたいと思い、

無地をあしらうことにしました。

裾とかをただ接ぐだけではおもしろくないな~と思い、

裾からのぞかそうと思い付き、

それならいっそのことリバーシブルにして

お得なスカートにすることにしました。

 

夏なので、シーチングとかの生地では重くなるし、

無地で着た場合、品質的にイマイチです。

 

丁度良い濃紺の綿ボイルがあったので、

それを使うことにしました。

 

さっそく裁断です。

f:id:navistyle:20190711204931j:plain

 

 

裁断を進めていて、気が付きました。

エストベルトの無地面が透けてしまう…。

綿ボイルは透けるんです。

 

それで透けない色が合う生地を探しましたら、

ありました!

けっこう良いブロード生地です。

色もぴったり。

きっと言われなかったら、ウエストの無地が

別布とはわからないレベルです。

 

完全リバーシブル、って

思ったより面倒であります。

ポケットもネームも付けることが出来ません。

 

とは言っても、特に難しいわけではありません。

両面を表仕様にするために、

縫製は気を付けます。

例えば脇縫い代はロックではなくて、

裏が見えても良いように折り伏せ縫いにするとか、

ベルトは両面きれいにコバステッチがかかるように、

とか。

簡単なようで以外に難しいかな~。

 

 

 

こちらはウエストベルトです。

透けない紺無地生地です。

f:id:navistyle:20190711211558j:plain

 

 

脇を縫って、

タックの中縫いをします。

f:id:navistyle:20190711211900j:plain

 

エストは総ゴムです。

タックをたたんでウエストベルトと接ぎます。

ゴムが縮めばタック&ギャザーとなります。

少しでも腰回りのボリュームを抑えるために

タックの中縫いをします。

 

 

 

 

こちらはボイル生地です。

透けます。

f:id:navistyle:20190711211639j:plain

 

 

バティック側の裾です。

f:id:navistyle:20190711211727j:plain

 

 

 

バティック側のタックが出来ました。

f:id:navistyle:20190711211944j:plain

 

 

無地側は中縫いをしないです。

生地が薄いのでボリュームもあまり出ないでしょう、

という判断です。

 

 

 

実は、このバティックはパッと見たときは

あまり良い模様ではないかも、

と思いました。

 

 

ところが。

 

 

出来上がってみると、

意外や意外。

 

なかなかシックで、

でも目を引く(と思われる)

存在感のあるスカートに仕上がったような気がします。

 

バティックは少し離れて、

全体を見ると良いですね。

不思議ですが、

地味な柄や色系でも決して埋没しないのです。

 

 

ちょっと今からご注文のお品を仕上げたいので、

本日はこの辺で失礼いたします。

続きは次回に…。

 

 

 

では。

本日もありがとうございました🎇

 

 

 

 

 

 

今度はブルー地でワンピースを作ってみました②

f:id:navistyle:20190710211529j:plain

 

 

 

こんにちは!

 

 

お久しぶりです!

 

7月とは思えない涼しい日が続いています。

過ごしやすいのでもう少し続いてほしいです。

 

ワンピースの続きをやります。

このドレスはミンネに出品いたしました。

生地の都合上1点しか作りません。

すでに売り切れとなりました。

ありがとうございます。

 

 

上身頃が出来たところですね。

f:id:navistyle:20190705202226j:plain

 

 

 

スカート部分は、少しでもフレアー感を出したいです。

パネル柄ですので、フレアーのカーブを描くことが出来ません。

こういう場合はマチでフレアー感を出します。

f:id:navistyle:20190710211609j:plain

 

 

 

スカート部分が出来ましたので、

上身頃と接いでいきます。

f:id:navistyle:20190710211733j:plain

 

 

上身頃ウエスト部分には飾りのようなボーダー部分を利用しました。

f:id:navistyle:20190710212402j:plain



 

 

エスト部分は軽くゴムが入ります。

ゴム通しを縫っています。

f:id:navistyle:20190710212007j:plain

 

裾も三つ折り始末にして、

ミシン作業が終わりました。

 

あとは手作業になります。

 

エストにゴムを入れていきます。

 

f:id:navistyle:20190710212448j:plain

 

見返しの要所をまつって完成です。

 

 

着用するとこんな感じです。

f:id:navistyle:20190710212530j:plain

 

 

後ろ姿はシンプルに。

f:id:navistyle:20190710212604j:plain

f:id:navistyle:20190710212653j:plain

f:id:navistyle:20190710212722j:plain

 

 

この柄は3色あります。

 

無地が多いバティックはなかなか難しいです、

柄が華麗でステキですが、

無地部分の染め残しなどが点々とあったりして

補修をするのですが、この生地は割合うまくいきます。

 

ミンネのバティック祭りはそろそろ制作をひと段落して

真夏のワンピースを作る予定です。

そのカテゴリーでバティックも作るかも。

 

そろそろ夏本番ですね。

 

制作に頑張りたいと思います。

 

 

 

では。

本日もありがとうございました🍧

 

 

 

 

今度はブルー地でワンピースを作ってみました①

f:id:navistyle:20190705201520j:plain

 

 

 

こんにちは!

 

 

 

梅雨空が続きますね。

じめじめしますが、気温が高くないのでまだ何とか過ごしやすいかな。

梅雨が明ければカーーーーーッと太陽が照り付ける

暑い夏。

暑いのはイヤだな~。

外出するのがおっくうです。

自転車に乗る時の

UVカット用のカーデみたいなのを作らねば。

 

 

7月のミンネの初期は「バティック祭り」です。

好き嫌いがあると思いますが、

ただ今研究を継続しております。

10日くらいまでは作り続けようかな。

ホントはまだまだ試してみたいことがたくさんあるのですが、

なんせ

1人で生地準備、

パターンを引いて、

裁断と縫製。

撮影とかもして、

画像UPと説明書き。

けっこう時間がかかります。

 

前回の茜色のワンピースは1枚のバティックサロンでは

出来なくて、2枚目も使いました。

 

今回は1枚で完結、と言う事で、

作ってみました!

 

この生地は無地に花系の染物です。

お色は濃紺、花紺、茜色の3色があります。

バティックは全体柄が多いのですが、

このような無地部分が多い、絵画的なサロンもけっこうあります。

MAVI的には好きなタイプですが、

難点があります。

無地部分に小さな点々の染め残しが多いのです。

1mも離れれば分からないですが、

近くで見れば分かります。

染粉でリタッチしたりしますが、

茜色は色を作るのが難しくて、濃紺と花紺にほどこしたりします。

でも、なかなか完璧には修正ができないです。

着用には問題ないレベルかな、と思いますが、

完璧を求めると苦しいのが実情です。

 

今回は比較的染め残しが少ない花紺

生地を選んで、

1枚完結ワンピースにチャレンジしてみました。

f:id:navistyle:20190705201600j:plain

 

デザインはハイウエストのロング丈のワンピースで、

前回と同じように脇にマチを接いで、

フレアーっぽい雰囲気に出来るようにしました。

ハイウエストにしたのは、

着丈を長くとるためですね。

 

ノースリーブより少しでもお袖があったほうが

着やすいと思います。

今回はかわいくフレアー袖にしてみました。

 

 

それでは縫製行きま~す。

 

 

肩を接いでロックします。

f:id:navistyle:20190705201711j:plain

 

 

見返しを作りました。

バイヤス始末にするか迷いましたが、

Vの始末が面倒そうだったので、見返しにしました。

ちなみに見返しは夏仕様の2.5㎝巾上がりで、

軽くすっきり感を演出。

たったの5㎜違いですが、こういうところに

涼しさを感じさせる、ということです。

f:id:navistyle:20190705201744j:plain

 

夏物の衿無しの始末は見返しだけとは限りません。

デザインや生地によって決めます。

夏は透ける生地も多いので、

その場合はバイヤス始末が表から見える影響が少ないので

よく使われます。

見返しの場合は透けない生地で使うと良いですね。

うっすら透ける場合も見返しで良いですが、

芯は表に影響しないよう、同系色を貼ります。

そして見返しの巾はやや少なめにして

重くならないようにすると良いですね。

(あまり細くすると扱いに困ることもあります)

 

今回は透けないのですが、黒の芯を貼りました。

芯は表地に影響がない限り色は関係ないようですが、

めくれて見えた場合、なるべく馴染むお色目がびっくりしないので

お勧めです。

f:id:navistyle:20190705201830j:plain

 

 

見返しが縫えました。

細めです。

f:id:navistyle:20190705201919j:plain

 

 

 

表からコバステッチをかけます。

f:id:navistyle:20190705201956j:plain

 

 

 

次はお袖です。

袖口は細い三つ折りです。

カーブなので苦戦中。

f:id:navistyle:20190705202035j:plain

 

 

 

袖ぐりを縫いました。(ちょっとイカっぽい?)

f:id:navistyle:20190705202136j:plain

 

 

袖下と脇を縫って、身頃が出来ました。

f:id:navistyle:20190705202226j:plain

 

 

 

カメラの色の具合がまちまちで、

なかなかドンピシャの色になりません。

 

難しいですね!

 

 

 

 

 

続きは次回です。

 

 

 

 

では。

本日もありがとうございました🗻

 

 

 

 

バティックのワンピースドレス②

f:id:navistyle:20190701200808j:plain

 

 

 

こんにちは!

 

 

通常、バティックのサロンは生地の大きさが

決まっているので、

長目の着丈のワンピースや、

フレアーなど分量の多いデザインは作ることが出来ません。

 

今回も、最初は脇にマチを入れて

フレアーっぽくしてボリュームを出す作戦でしたが、

ロング丈にすることはムリでした。

 

チュニックっぽい仕上がりだったらそれで良いのですが、

やっぱりスカート部分の分量が欲しいなぁ、

と言う事で、

仕方ない!

禁じ手ですが、もう1枚を使用することにしました。

 

裾部分に生地を足したのです。

 

 

それでは縫っていきます。

 

衿ぐりと袖ぐりの始末はバイヤスですので、

けっこう長いバイヤステープを作ります。

f:id:navistyle:20190701200148j:plain

 

 

アイロン台にピンを2本刺して作る

自力バイヤスメーカーで2mほどのバイヤステープを作りました。

けっこうキレイに出来ました。

f:id:navistyle:20190701200256j:plain

 

 

まずはマチを縫って、後ろ身頃と一体化させます。

f:id:navistyle:20190701200325j:plain

 

 

 

肩を縫い、

衿ぐりと袖ぐりのバイヤス始末をします。

f:id:navistyle:20190701200356j:plain

 

 

 

最後の脇を縫う前に、

裾布を接ぎます。

 

f:id:navistyle:20190701200445j:plain

 

 

 

脇を縫ったら裾に三つ折りステッチをかけます。

f:id:navistyle:20190701200544j:plain

 

 

 

完成です!

f:id:navistyle:20190701200621j:plain

 

 

 

 

情熱的な文様ですね。

f:id:navistyle:20190701200655j:plain

 

 

 

エストのリボンは仮です。

f:id:navistyle:20190701200856j:plain

 

 

 

今年はマキシのワンピースやスカートが流行っていますね。

 

長さによっては裾がぞろぞろしている方もお見受けしますが、

NAVI的には足首を見せた方が、

バランスが良いと思うのですが、どうなんでしょう。

 

 

そろそろミンネのバティック祭りのUPをしなければ、

と思うのですが、

ご注文のお品がまだ2点あります。

これを仕上げないと

もしご注文いただいてもサッと取り組むことが出来ないので、

悩ましいですね。

そんなに点数もないのですが、

夏も近いので頑張って作って行こうと思っています。

 

 

では。

本日もありがとうございました☆彡