なびの洋裁教室ブログ

自由に簡単にお洋服を作りたい!お気に入りの生地がカタチになっていくワクワク感を体験してくださいね。

今年はストライプが気分?ジョーゼットのゆったりシャツ

f:id:navistyle:20170817190728j:plain

 

今年はなんだかストライプがよく目につく感じ。

なびだけでしょうか?

 

それで、ストライプやボーダー柄を仕入れてしまうのです。

 

その中で、と言っても

「おまかせ残布」の中に入っていた生地ですが、

ゆったりシャツを作りました。

 

綿素材に慣れてしまうと、こういう化繊ものは辛い!

 

この生地は縫製はそれほどでもなかったのですが、

裁断が――――――っ

ちっともじっとしてくれないので

時間がかかってしまいました。

 

しかもストライプなので、

「ここ、まがっちゃダメでしょ」ということで…。

 

綿素材の縫いやすさに甘えてないで

積極的にこういうでろんでろんした生地も縫います、すいませ~ん。

 

カタチになる前はこんな生地。

 

f:id:navistyle:20170817191947j:plain

 

パターンは過去に引いたものを利用しました。

地味かな?ビンボくさくなるとイヤだな。

とか思いながら裁断。

不織布パターンはストライプのまがりもよく見えるので、助かりました。

f:id:navistyle:20170817191857j:plain

 

裁断しました。

 

f:id:navistyle:20170817192318j:plain

 

前身頃を接ぎます。

f:id:navistyle:20170817192351j:plain

 

後はヨークがあります。

元は身頃にギャザーを寄せますが、タックの方が

スッキリするかな?と思い変更しました。

 

f:id:navistyle:20170817192420j:plain

 

肩を接いで襟ぐりまわりの始末をします。

 

f:id:navistyle:20170817192452j:plain

 

前襟ぐりは見返し始末ですが、後はバイヤス始末になっていて、

(後ろも見返し始末にしようか…)と一瞬悩みましたが

結局バイヤス始末にしました。

 

f:id:navistyle:20170817192557j:plain

 

ここまで来たら、後は

裾 → 脇 → 袖ぐり で完成です!

 

バタフライっぽい袖、ですかね?フレアーではありませんが。

f:id:navistyle:20170817192637j:plain

 

後ろ姿です。

前裾はベルトにINするとこんな感じ。

 

f:id:navistyle:20170817192705j:plain

 

横からの図。

f:id:navistyle:20170817192730j:plain

 

正面です。

 

f:id:navistyle:20170817192806j:plain

 

裁断には少々手こずったものの、縫製はあまり問題なくいけました。

が、けっこうほつれやすい。

 

生地にジョーゼットのふっくら感があるので

思ったより安っぽくはないと思いますが、どうでしょうか。

 

シルエットもなかなか面白いので、

今度は細部のディティールを変えて、

また違う生地で作ってみようかな。

バリバティックで巻きスカート。 その② お花:けやき

もうひとつの柄のスカートが完成しました。

バリバティックらしいパネル柄です。

 

f:id:navistyle:20170815233231j:plain

f:id:navistyle:20170815233227j:plain

f:id:navistyle:20170815233412j:plain

f:id:navistyle:20170815233447j:plain

 

 

f:id:navistyle:20170815235017j:plain

 

 

このパターンはダーツを縫うのが少々面倒なので

もう少し簡易な方法を考えたいと思います。

 

 

************************************

 

なぜここに?

いつのまにか芽吹いてすくすく育ってます。

真ん中の葉っぱが「けやき」です。

たぶん、種がこのプランターに着地して

芽吹いたものと思われます。

f:id:navistyle:20170815235610j:plain

 

けやきと言えば、近くに並木がありますが、

すごく大きくなる木ですよね?

 

このプランターじゃ小さいので、

とても育つとは思いませんが、

出来るところまで頑張ってほしいと思います。

 

f:id:navistyle:20170816000533j:plain

 

頑張れー!

 

 

ポタニカルなタンクドレス

f:id:navistyle:20170815151024j:plain

 

グラデーションのボーダーが印象的なDAIWABOのディーズコレクションの生地です。

 

ボーダーですので裁断は横取りです。

あてもなく生地を買ったので、1.2Mしかなく、ギリギリでしたが

なんとかとることが出来ました。

 

上品なフレンチにして、シルエットは多少コクーンで、

着るとストンとしたストレートになります。

開きはなくかぶりです。

 

静かなブームのポタニカル柄をシックなカラーで。

モダンに見えるとうれしいなぁ。

 

f:id:navistyle:20170815151949j:plain

 

 

★ジョイフルHONDAで購入  1Mあたり¥980+税 1.2M使用

 

タックでスッキリ総ゴムギャザースカートー②

f:id:navistyle:20170814223301j:plain

 

縫製を開始します。

 

裁断したものがこちら。

前後スカート各1枚、ウエストベルト

20㎜巾ゴムは断ち切りウエスト寸法-3㎝

f:id:navistyle:20170814222729j:plain

 

両脇を1.5cmの縫い代で縫ってアイロンで割ります。

f:id:navistyle:20170814223058j:plain

 

エストのタックをとります。

f:id:navistyle:20170814223346j:plain

f:id:navistyle:20170814223502j:plain

 

エストベルトを輪にして、縫い代は割り

今回は裏面から縫う方法です。

エストベルトの反対側縫い代はアイロンで折っておきます。

エストとウエストベルトを接ぎます。

f:id:navistyle:20170814224501j:plain

f:id:navistyle:20170814223556j:plain

 

ゴムを輪にして接ぎます。

1㎝重ねてしっかりと縫いとめます。

 

f:id:navistyle:20170814224702j:plain

f:id:navistyle:20170814224751j:plain

 

輪にしたゴムをウエストベルトに入れ込み、ウエストベルトを完成させます。

 

ゴムはずらしながら平らな面で縫ってくださいね。

f:id:navistyle:20170814225221j:plain

 

 

 

裾を2㎝の三つ折りミシンをかけます。

アイロンで4㎝のところを折ります。

f:id:navistyle:20170814230029j:plain

 

f:id:navistyle:20170814225906j:plain

 

出来ました!

 

f:id:navistyle:20170814140153j:plain

 

f:id:navistyle:20170814230209j:plain

 

f:id:navistyle:20170814230250j:plain

 

 

大人のギャザースカートらしく、スレンダーな印象です。

 

 

50㎝カットクロス使い切りトートバッグ

f:id:navistyle:20170815164852j:plain

 

 

手芸屋さんで売っているカットクロスは

110㎝巾×50㎝が多いですね。

 

このカットクロスを使い切ってちょっと大きめ

ショッピングバッグに最適なトートバッグを作りました。

残布はいっさい残りません。

 

 

先ずは裁断します。

線を引くだけの簡単なお仕事です。 な~んちゃって。

 

今回は裏ラミネート生地を使用しました。

f:id:navistyle:20170815165419j:plain

カットクロスのパーツは

本体1枚、持ち手2枚です。

持ち手は3㎝巾の4倍12㎝巾でカットします。

長さは50㎝をそのまま利用します。

f:id:navistyle:20170815165539j:plain

これは内ポケットです。

必要ない方はスルーしてください。

そんなに厚手でなければどのような生地でもOKと思います。

断ち切り 縦:38㎝ 横:22㎝ ですが、お好みの大きさでも大丈夫。

ポケットの上がりサイズは横20㎝、縦15㎝になります。

f:id:navistyle:20170815165619j:plain

 

裁断しました。黒いのは内ポケット布です。

f:id:navistyle:20170815165659j:plain

 

袋物はシュプールで縫います。

 

まず、ポケットです。

ポケット口を1㎝の三つ折り始末します。

f:id:navistyle:20170815165734j:plain

 

 

ポケット口の反対側6㎝のこして(ずらして)両脇を縫います。

 

f:id:navistyle:20170815165809j:plain

 

表に返して画像の部分の縫い代を三つ折り始末します。

f:id:navistyle:20170815170042j:plain

 

ポケット布ができました。

これはバッグ口にはさみ込まれます。

f:id:navistyle:20170815170200j:plain

 

つぎに持ち手です。

半分に折って

f:id:navistyle:20170815193921j:plain

 

更に中央に向かって半分に折って

f:id:navistyle:20170815193950j:plain

 

このようにして4重にします。

 この生地は表面は布帛なので、裏面に影響が出ない程度に

アイロンをかけます。

ピンは打てないので、クリップで止めながら縫っていきます。

 

f:id:navistyle:20170815193752j:plain

 

まわりをコバステッチをかけます。

f:id:navistyle:20170815170402j:plain

f:id:navistyle:20170815170502j:plain

 

持ち手をバッグ口に仮止めします。

持ち手は内々で10㎝の位置になります。

 

f:id:navistyle:20170815171115j:plain

 

8~9㎜のところです。

f:id:navistyle:20170815171209j:plain

 

両脇を縫います。

 

f:id:navistyle:20170815170533j:plain

 

ここで縫い目に異変が…

やっぱりテフロン押さえに代えなかったせいか、うまく縫えません…。

下の生地が送られなくてギャザーが…(^-^;

そんで、押さえは代えず、ミシンを代えることに。

 

と言うのは、丁度同じ糸がかかっていたからであります。

無精者なのであります。

 

ブラザー鋳物30年選手はテフロン押さえでなくても縫えるはず、

という事で選手交代です。

f:id:navistyle:20170815170630j:plain

 

やっぱりこちらはテフロンでなくても縫える~。

       (やっぱり頼れるヤツ❤)

 

脇は縫い代を割って、つまみマチを縫います。

マチは10㎝です。

 

 

f:id:navistyle:20170815170733j:plain

 

縫えました。

f:id:navistyle:20170815170828j:plain

 

マチを脇側に倒して、止めミシンをかけます。

f:id:navistyle:20170815171300j:plain

 

ひとまず、ここまでの経過です。裏面はこんな感じ。

f:id:navistyle:20170815171341j:plain

 

あともう一息。

 

バッグ口を4㎝のところで折ります。

この時に内ポケットをはさみます。

 

f:id:navistyle:20170815171422j:plain

 

内側に1㎝折り込んで、3㎝のステッチで押さえます。

この時、内ポケットも縫いこみます。

 

f:id:navistyle:20170815171452j:plain

 

バッグ口にコバステッチをかけます。

持ち手部分は起こして、ずれないように止めミシンをかけます。

f:id:navistyle:20170815171534j:plain

 

 

ラミネートほつれないので、縫い代始末はしません。

 

もし、もっと見栄え良く仕上げたい場合は、

縫い代をバイヤス布やテープでくるんでも良いでしょう。

 

その場合はマチも余分な部分はカットして

くるんだ方がスッキリ仕上がります。

 

完成した裏面です。

f:id:navistyle:20170815171636j:plain

f:id:navistyle:20170815171718j:plain

 

 

中をのぞくとこんな感じ。

f:id:navistyle:20170815171906j:plain

f:id:navistyle:20170815171835j:plain

 

大きめサイズなのでショッピングバッグにぴったり。

ラミネートなのでしっかりしています。

 

 

ラミネートカットクロス  110㎝×50㎝  ユザワヤで購入

 ポケット布 オックス無地 

 

ときどきニット。ボーダーのらくちんフレンチカットソー お花:コキア

f:id:navistyle:20170815153453j:plain

 

ミシンを販売していた頃、お客様からよく質問されたのは

普通のミシンでニットが縫えるの?ということでした。

 

ニット=編地ということになりますが、

既製服の世界では

ニット=「よこ」と言われるいわゆるセーター(編み機)の分野

カットソーと言われる、ニット生地をカット&ソーンという縫製の分野に分かれます。

カットソーは更に肌着やTシャツのように、専門のミシンを使って生地と共に

縫い目がビヨ~ンと伸びるもの、ほぼ布帛と同様に縫製される、伸びがあまり

期待できないものに分かれる、というのがなびの見解です。

 

「よこ」と呼ばれるニットの世界には丸編みと、カットソーみたいに

パーツで編んであとでくっつける方法があります。手編みでも同じですね。

 

ビヨ~ンと伸ばしたいものを作るなら「ふらっとにっと」のような

カバーロックが出来るミシンが必要です。

一般の2本針4本糸のロックミシンでも方法によっては、「ふらっとにっと」と同じではありませんが、出来るそうなので、またチャレンジしたいと思っています。

 

一般のミシンではニット生地で縫製は布帛(織物)と同様に縫う方法が

ベストかと思います。

縫った部分がそんなに伸びなくて良いなら、普通のミシンでも十分かと

思います。

 

糸はレジロンとかエッフェルを使用しますが、

この糸はそんなに伸びるわけではありません。

(シャッペスパンよりちょっと伸びる程度)

 

まあ、それでも切れたら嫌なので、ニットにはこういう糸を使用するか、

なびは下糸にウーリー糸を使用します。

 

今回はサラっと着れる定番のカットソーでございます。

f:id:navistyle:20170815161209j:plain

 

 

************************************

 

 

今年のモフモフ。   

毎年、こぼれ種で芽吹いて、強いものだけが成長できるコキアです。

f:id:navistyle:20170815161359j:plain

 

種はかなり拡散されるようですが、芽吹いた場所が運命の分かれ道。

 

コキアは夏場は涼やかなグリーン。

秋にはピンクに紅葉します。

冬になると枯れて箒になります。

 

そしてまた来年。あちこちに たくさん芽吹くのでございます。

 

f:id:navistyle:20170816001257j:plain

 

 

 

タックでスッキリ総ゴムギャザースカートー①

ソーイング初心者の定番、総ゴムギャザースカートです。

f:id:navistyle:20170814140153j:plain

 丈は75㎝、ウエストゴム上がり63㎝

 

 

今回はワンランクアップして、

エストベルトを接いで作ります。

エストベルトは基本的にヒップ分の寸法があればはけるので

伸ばすと、大体の方がはけるであろう100㎝になっています。

 

先ずはパターンから。

実物大ではなく、縮尺で描いています。

分かりづらいところもあるかも知れませんが、応用(ごまかし?)がきく、

分量があるスカートですので、ぜひやってみて下さい。

 

赤の番号順に変形台形を描いてください。(黒の太字は寸法です。単位はcm)

①と②、①と③の角は直角です。

f:id:navistyle:20170814130241j:plain

 

定規以上に長い線は定規2本をつなげて引きます。

ずれないように押さえて…と。(この画像は実物)

f:id:navistyle:20170814130929j:plain

 

 

裾部分を3等分します。

脇から左1個目に向かって直角の線を引きます。

f:id:navistyle:20170814130322j:plain

 

角になっている部分をなだらかな線になるように引きます。

     (マジックげ描いたのでにじんでしまってスミマセン…)

f:id:navistyle:20170814130404j:plain

 

次に脇裾からスカート丈分をとったところから

エストラインに向かって直角の線を引きます。

f:id:navistyle:20170814130621j:plain

 

角い部分をなだらかな線を引きます。

(上とこの画像がボケててスミマセン…)

f:id:navistyle:20170814130704j:plain

 

タックを引きます。

右の縦線は前後中心になります。(以下CF,CBと書きます。)

CF,CBから5㎝間隔で4本図のように線を引きます。

図の部分がタックになります。タック部分以外が25㎝になります。

f:id:navistyle:20170814130732j:plain

 

縫い代を描きます。

カッターで直接カットする場合は縫い代に入るように数値を書いておきます。

必要な情報を書き込んで完成です。

f:id:navistyle:20170814130803j:plain

 

字が汚くて読みにくいと存じますが、

一応手順を書きました。

f:id:navistyle:20170814130834j:plain

右下はウェストベルトのパターンです。

ゴムは巾20㎜~25㎜を使用します。

25㎜はピッタリ上がりできれいですが、慣れない方は20㎜で良いと思います。

 

 

今日は裁断まで。

パターンを作って裁断まで進めておくと作業がはかどります。

でも、裁断してからはあまり日を空けないでくださいね。

作る内容が頭に入っているうちに作った方が手間が省けます。

 

パターンは生地巾110㎝で取りの良いように作りました。

           (もちろん150㎝とかのW巾でも大丈夫)

 

この生地は110㎝巾ですので、

エストベルトをスカートの横部分で取ります。

f:id:navistyle:20170814134025j:plain

 

この生地のように柄合わせする場合は、生地購入のとき余分に買ってくださいね。

だいたいの基準は2パネルくらいを余分に買えば柄が合います。

 

f:id:navistyle:20170814135009j:plain

 

角は余分に切らないでキッチリ切るくせをつけてください。

裁断後に残布で

「ここで他のパーツを取ろう」→「あれっ!切れてる!」ということがおきませんよ。

 

 

 

しるしは3㎜くらいの切り込みでつけます。

f:id:navistyle:20170814135234j:plain

f:id:navistyle:20170814135259j:plain

 

耳は基本カットします。

模様が流れていたり、ポツポツがあったりするので、既製服では使いません。

影響がない場合は、家庭洋裁でしたら使ってもかまわないとも思います。

f:id:navistyle:20170814135348j:plain

 

柄合わせは基本的に裾で合わせます。

f:id:navistyle:20170814135714j:plain

う~ん…ビミョー…。

 

 

本日はここまで。

次回、縫っていきます。

 

 

ユザワヤで購入   セール品 ¥398+税 1,6m使用