なびの洋裁教室ブログ

自由に簡単にお洋服を作りたい!お気に入りの生地がカタチになっていくワクワク感を体験してくださいね。

アシンメトリーなヨークスカート①

f:id:navistyle:20181113194242j:plain

 

 

 

こんにちは!

 

 

 

以前ミニで同じデザインのスカートを作ったことがあります。

それのアレンジで、

ミニではなくおとなが着れるスカートを作ってみました。

 

 

パターンの変更箇所はスカート丈を長くし、

と言ってもたれ分があるので、

そこまで長くはできませんので、

全体はひざが隠れる程度で、

たれ分の端はくるぶしくらいになるでしょうか。

あとは、ヨーク幅を広くしました。

ヨークにすることにより、なるべくスッキリと、

お腹がカバーされることを期待します。

念のためにウエストは見返しだけではなく、

ヨークにも芯を貼りました。

 

 

 

パターンの全体像はおおむねこんな感じです。

サイズは記入していませんが、

多少パターンの分かる方なら理解できるのではないでしょうか。

ポイントは前スカートです。

たれ分は脇に四角の生地をくっつけたかたちになります。

左脇接ぎがなく、輪になることになります。

接ぎがないので、そのまま続きで後左スカートがくっついてきます。

右の四角2個分がたれ分となります。

☆の長さはすべて同じになります。

総丈とウエスト、ヒップ寸法が決まれば出来ると思います。

f:id:navistyle:20181113201425j:plain

 

 

NAVIはスカート原型を利用しました。

ヨークの丈は15㎝です。

(これは後スカートなので後ろ中心の下がり分が1㎝になります)

f:id:navistyle:20181113201716j:plain

 

 

なんじゃらほい?

というパターンですが、

見返しと裏地の関係が記入されています。

ヨークそのままを見返しにしてもOKですが、

今回は見返し幅を7㎝にして、その下が裏地になります。

裏地のダーツ分は脇で消しても良いのですが、

今回は少々無理があったので、

脇側のダーツ余り分を足してタックをとりました。

タックはブルーの線になります。

f:id:navistyle:20181113201511j:plain

 

 

 

ヨークをたたみました。

かくかくになっているところは、

なだらかになるよう、線を引き直します。

f:id:navistyle:20181113201814j:plain

 

 

これは左スカートとヨークが接がれる箇所です。

左脇をゼロにして、切り込みを入れてヨークと接ぎます。

どうなっているのかわかりますでしょうか。

f:id:navistyle:20181113201859j:plain

 

 

平置きにするとこういう単純な構造になっています。

かたちになっているものから、

パターンを想像するのもおもしろいです。

f:id:navistyle:20181113202039j:plain

 

 

パターンが出来ましたので、

材料の準備です。

生地は中肉のウールです。落ちが良いタイプ。

あと裏地と芯地ですね。

f:id:navistyle:20181113204929j:plain

 

 

 

前スカートは思ったよりでかいですよ~。

f:id:navistyle:20181113205006j:plain

 

 

 

このスカートは東山魁夷展に行くときに着て行こうと思って作りました。

 

美術館ですから、少しアートの香りのするスタイルで行きたいと思いまして。

 

 

 

 

作り方はミニと同じですが、

次回から縫製に入りますね。

 

 

 

 

では。

本日もありがとうございました🎨

 

 

 

ちゃちゃっとレギパン。

f:id:navistyle:20181112203812j:plain

 

 

 

こんにちは!

 

 

 

秋も深まってまいりました。

空気も冷えてきた感じですね。

 

今回は前から作りたかったレギパンです。

レギンスとパンツの中間みたいなものです。

 

レギンスやスパッツほど薄くはなく、

パンツほどしっかりとしたものではありません。

 

厚手のニット素材でチュニックやワンピースの

下に着ることが多いですね。

 

今回の生地はウール混の裏毛ニットです。

表地は黒に近いメランジなチャコールで、

裏の裏毛はなぜか白です。

 

一般的なトレーナー素材の裏毛より

しっかりとしていて高級感があります。

f:id:navistyle:20181112203842j:plain

パターンは昨冬に図書館で借りてきた、

ニットのムック本から写したものです。

レギンス系はサイズ感に迷いますので、

こういう市販のものを利用して、

その後に修正をかけるのもひとつの方法です。

 

 

裁断中です。

f:id:navistyle:20181112203912j:plain

 

 

パターンとしては、

膝まではほどほどのゆとりがあって、

膝から下は細くストレートな感じです。

f:id:navistyle:20181112203947j:plain

 

 

今回もロックで行きますので、

早いと思います。

 

脇と内股を縫います。

f:id:navistyle:20181112204025j:plain

 

 

左右が縫えました。

f:id:navistyle:20181112204057j:plain

 

 

片方を表に返して、筒の中に入れて股ぐりを中表に合わせます。

f:id:navistyle:20181112204149j:plain

 

 

 

股ぐりを縫います。

f:id:navistyle:20181112204354j:plain

 

 

 

股ぐりが縫えたら、次はウエストにロックをかけます。

f:id:navistyle:20181112204649j:plain

 

 

そして裾です。

ロックのメスをロックして、

裾上げ始末をします。

f:id:navistyle:20181112204729j:plain

 

 

ロック糸は縫い目に入れ込みます。

f:id:navistyle:20181112204824j:plain

 

 

 

裾始末が出来ました。

厚めの生地なのでちょっと苦しい感じかな…。

f:id:navistyle:20181112204932j:plain

 

 

最後の行程はウエストゴムです。

 

今回のゴムは薄めでしっかりとしたタイプです。

エストの中に入れ込むのではなく、表側に見えるようにたたく始末です。

ゴムを輪にします。

ゴムを縫い合わせるときに端をずらして縫い、

折り伏せ縫いにします。

f:id:navistyle:20181112205100j:plain

 

 

 

エストまわりとゴムを8等分して重ねて合わせます。

f:id:navistyle:20181112205204j:plain

 

 

 

ゴムを伸ばしながらたたいていきます。

縫い代がわかりにくいので、

あらかじめ上がり線をチャコなどでしるししておくと、

ズレにくいですね。

f:id:navistyle:20181112205234j:plain

 

 

 

縫い代を押さえる意味もあって、

ダブルステッチで仕上げます。

f:id:navistyle:20181112220734j:plain

 

 

エストゴムが出来ました。

f:id:navistyle:20181112205306j:plain

 

 

裏面です。

f:id:navistyle:20181112205340j:plain

ゴムを伸ばしながら縫うのは、

ゴムが巾広だとけっこう大変です。

と言うのは、巾広の場合均等に伸ばすことが難しく、

どうしてもゴムは湾曲してしまいます。

そうすると、ウエストラインに真っ直ぐ縫うことが難しくなります。

しるしを付けて、ズレを防ぎましょう。

 

 

 

 

出来ました!

 

裁断込みで2時間のスピード仕事でした。

f:id:navistyle:20181112205409j:plain

 

 

 

着用してみると、膝から裾までストレートなので、

細身のスキニーみたいにも見えます。

f:id:navistyle:20181112205439j:plain

 

 

 

 

しっかりとしたニット生地、

しかも裏毛なので温かそうです。

 

 

 

パンツのパターンの紹介ができれば良かったのですが、

サイズ感が各自違ってくるので

ちょっと迷ってしまい、

今回はUPするのをやめました。

 

少し大きめでもありますので、

また次回修正し、できればパターンもUPできれば、

と思います。

 

このレギパンは丈を長めにして、

裾をくしゅくしゅして着用します。

 

 

これから重宝しそうです。

 

 

 

 

では。

本日もありがとうございました🏰

 

 

 

 

CHINA備忘録⑭ 日本輸出に向けてGO!

 

 

 

 

CHINA国内の縫製工場視察&日本の企業との顔合わせを終えて

雲陽に戻ってきました。

 

すでに工場長以下に鄭星さんが仔細を報告しており、

工場内は祝賀ムードに包まれておりました。

 

日本の企業から

「輸入してもええよ~。NAVIさんが管理してくれるんでしょ?

とりあえず、サンプルの生地を持ってきたから、これで何か作って

日本に送ってね。それかまた上海で見させてもらってもええよ」

というありがたいお言葉を頂戴していました。

 

生産する商品の方向性は日常着。

ホームウエアみたいなものとしました。

 

いただいた生地の中で、CHINA国内で調達できそうなものを

ピックアップし、デザインにとりかかりました。

20フィートコンテナ1個分でだいたい5000枚程度、

300万ほどの商談です。

 

いきなりお願いして、快く承諾してもらい、

本当に助かりました。

この会社は協力隊に参加する直前まで勤めていた会社の

取引先です。

生地を仕入れていたのですが、製品も作っていました。

いつもは上海郊外にある工場で生産しており、

少ないつてをたどっての無理なお願いだったのです。

 

さて、

現地で生産する価値のあるものは何でしょうか?

 

生地はシーチングのようなフツーの綿生地をチョイスしました。

この生地ならいくらなんでも

探せない、とは言わせません。

 

そして考えたのが、

濃紺に染めて、藍染っぽくし、

刺し子のような刺繍をほどこす、というデザインです。

 

雲陽はドロンワークという、

カットワーク刺繍を得意としていますので、

CHINAならではの、手仕事を外すわけにはいきません。

 

 

時はすでに11月。

現地の11月は寒くてすっかり冬になっています。

内陸性気候の底冷えはNAVIが経験したことがない寒さでした。

f:id:navistyle:20181111203303j:plain

刺繍図案の試作をしているNAVIです。

現地には刺繍糸、というものがなく、

綿糸を染めて試しています。

 

 

 

そして、

工場内ではNAVIを見る目がすっかり変化していました。

 

それまでは幼稚な中国語しか話せない、

幼児並みの扱いを受けていたNAVIですが、

日本へ輸出ができるかも、ということで

良い方に掌返しが起こりました。

一気に皆がNAVIに優しくなりました。

NAVIをいびっていた工場長の奥さんもご飯を作って

持ってきてくれたりします。

 

優しいのは嬉しいですが、

NAVIの責任も重大です。

 

工場長が張り切って、

いろいろな設備を導入するぞ~~っ!!

と鼻息も荒く、銀行から ええ?という金額の借り入れをしてしまいました。

(金額は忘れましたが、初回輸入取引額300万円は軽く超えていたような…)

 

 

 

でも

その前に満足のいくサンプルを作らねばなりません。

 

サンプルが完成したら

それを持って、工場長を連れて上海で商談することにしました。

 

 

サンプルは

①全体のデザイン

②刺繍の図案

③刺繍の試作、糸と色決め

④パターン作成

⑤刺繍生産用図案

⑥刺繍出し

⑦サンプル縫製

 

という手順です。

 

日本と違って困ったのが、糸やボタンなどの附属品探しです。

 

日本には生地などに品質の基準があり、

検査に出し、合格しないと輸出は出来ません。

 

生産で使用できるものを探すことは大変でした。

 

 

 

試行錯誤を繰り返し、

生産本番のことも考慮しながら、

サンプルが出来上がったのは

新年を迎える頃でした。

 

 

 

本日はここまで。

 

 

 

今でも思い出すのは冬の寒さです…。

暖房らしいものは電気ストーブと電気敷毛布です。

黄河の南の地域は部屋にスチームが入っていないので、

雲陽の場合、冬は部屋の中で零度くらいです。

また今度、冬の寒さについて書きますね。

 

 

 

 

 

 

では。

本日もありがとうございました🍜

 

f:id:navistyle:20181111210135j:plain

上海にて。

 

 

 

 

裏起毛ニットでワンピース②

f:id:navistyle:20181110203710j:plain

 

 

 

こんにちは!

 

 

 

最近黒いものばかりで、

ちょっと色が欲しいところです。

秋冬はどうしてもダーク系が多くなってしまいます。

特にNAVIはモノトーン系が好みなので、

ダーク系になってしまいますね。

 

次作は明るいカラーで……   無理かも。

 

 

 

さて。

ワンピースの続きです。

 

 

 

 お袖です。

袖口にギャザーを寄せておきます。

f:id:navistyle:20181110203833j:plain

 

 

f:id:navistyle:20181110203909j:plain

 

 

袖ぐりを縫います。

f:id:navistyle:20181110203940j:plain

 

 

こんな感じです。

f:id:navistyle:20181110204024j:plain

 

 

こちらは裏面です。ロックのみで縫っています。

f:id:navistyle:20181110204059j:plain

 

 

 

袖下から脇を縫います。

f:id:navistyle:20181110204133j:plain

 

 

ロックですと早いです。

f:id:navistyle:20181110204218j:plain

 

 

 

袖口布を輪にします。

f:id:navistyle:20181110204314j:plain

 

 

2重にします。

f:id:navistyle:20181110204340j:plain

 

 

 

袖口と合わせます。

f:id:navistyle:20181110204414j:plain

 

 

縫っている時の画像がボケてしまいました…。

 

 

多少袖口布を伸ばしながら縫います。

 

 

パフが出来ました。

f:id:navistyle:20181110204444j:plain

本当は袖口カフスの長さはもっと長くしたかったのですが、

うまくいくか心配だったのでほどほどにしました。

 

 

 

 

 

裾はロックしてたたきます。

f:id:navistyle:20181110204508j:plain

 

 

 

出来ました。

 

ストンと着せました。

f:id:navistyle:20181110204535j:plain

 

 

 

横姿です。

f:id:navistyle:20181110204603j:plain

 

 

 

衿です。

けっこうぴったりしています。

ややハイネックな感じです。

f:id:navistyle:20181110204632j:plain

 

 

袖口パフです。

f:id:navistyle:20181110204658j:plain

 

 

ガチャベルトを付けました。

f:id:navistyle:20181110204727j:plain

 

 

 

 

裏起毛ニットで衿やカフスは共布でリブの代用ができるのか、

試してみたワンピースです。

 

リブの方が良いとは思いますが、

市販のリブはカラーバリエーションが少なく、

作りたい生地カラーに合わない場合があります。

 

今回の黒はきっとありますが、

基本色以外は市販されていないかも。

 

このように共布で作れば問題なしですね。

 

 

 

 

では。

本日もありがとうございました😺

 

 

 

同じパターンをアレンジ、裏起毛ニットでワンピース①

f:id:navistyle:20181109195012j:plain

 

 

こんにちは!

 

 

 

本日は雨です。

気温は日中は18度。

肌寒くなってきました。

 

最近ニットを縫っています。

NAVIにとってニットの縫製は未知なる部分でしたので、

楽しく縫っています。

 

以前は布帛であろうが、

ニットであろうが、

あまり気にせずにがーーーーーーッと縫っていたのですが、

デザインはあまり伸ばす必要のない、

布帛のパターンを転用したもの。

 

今回はまたまた例のタートルパターンをアレンジして

ワンピースを縫いました。

 

生地はトレーナーなどに使われる裏起毛のニットです。

トレーナー生地は裏毛と言う、裏面がループ状になったもの、

今回のように裏起毛があります。

裏起毛は温かいので冬場でもOKですね。

裏起毛と言っても、素材はいろいろで、

今回の裏起毛はそんなに厚手ではなく、

どちらかと言うと薄い方かも。

起毛も画像ではあまりわからないですね。

f:id:navistyle:20181109195047j:plain

 

 

パターンを元に直断ちです。

ホームソーイングならではの、良い意味でアバウトでいきます。

f:id:navistyle:20181109195135j:plain

袖は今回はパフ分を素直に袖下から脇へ出しました。

 

衿ぐりはパターンをそのまま使って、

細めの立ち衿っちゅうか、

一般的なトレーナー的な衿にしました。

 

縫製はこれとほぼ同じです。

シャーリングが無い分、楽と言えます。

f:id:navistyle:20181108215210j:plain

 

今回のポイントは、

衿と袖口にリブを使用しないで、

共布を使ったこと。

きちんと伸びてくれるか、

違和感なくなじむのか?  がテーマです。

 

 

縫製は上のニットと同じなんですが、

一応ざっとやっていきますね。

 

 

先ずは右肩を縫います。

f:id:navistyle:20181109200435j:plain

 

 

 

こちらは衿布です。

2重にして衿ぐりカーブに合わせて、加減しながら

伸ばして縫っていきます。

f:id:navistyle:20181109200545j:plain

 

 

びょびょ~んと出来ました。

ビミョーですが、まあ仕方ない。

f:id:navistyle:20181109200621j:plain

 

 

 

そしてもうひと肩の左肩を縫います。

f:id:navistyle:20181109200940j:plain

 

 

衿ぐりの裏面です。けっこうスッキリしています。

f:id:navistyle:20181109200701j:plain

f:id:navistyle:20181109203857j:plainロックの糸を縫い目に入れ込んで始末します。

 

 

 

 

縫い代止めステッチをかけます。

f:id:navistyle:20181109201044j:plain

 

 

どアップな止めステッチです。

f:id:navistyle:20181109201154j:plain

 

 

 

何か作りたいな~

でもあまり時間がないな~

と言うときは、

ロックでニット縫いをお勧めします。

 

このワンピースで裁断から大体3時間くらいで出来ます。

(NAVIは画像を撮るのでもう少しかかってしまいますが…)

 

ゆっくり作っても、一日あれば大丈夫。

 

冬物布帛ものは裏地が付いたりしたり、

アイロンに手間がかかったりするので、

どうしても時間がかかってしまいます。

 

裏地に疲れたらニットを縫って、

ニットに飽きたら雑貨を縫って、

そうすればまた裏地付きの手間がかかるものを

作る気になるというもの、かな?

 

いろいろバリエーションを揃えて、

楽しくソーイングをやってまいりましょう!

 

 

 

 

では。

本日もありがとうございました🌲

 

ウール天竺のカットソー②

f:id:navistyle:20181108213110j:plain

 

 

 

こんにちは!

 

 

 

一日間が空いてしまいました。

 

寒くもなってきました。

 

最近インナーとか、スカートとかばかり作っていて、

アウターはまだ作っていませんね。

 

今年はいろいろ作りたいなー。

と思っているのですが、その素材も1枚仕立て系なので、

早く作らないと冬本番には対応できないかも。

 

な~んて思いながら生地の山を見つめるNAVIでありました。

 

 

とりあえず、続きをやって参りましょう。

 

 

 

衿ぐりが出来たところです。

f:id:navistyle:20181108213242j:plain

 

 

 

 

このエリンギみたいなかたちのものは袖です。

袖口にギャザーを寄せます。

f:id:navistyle:20181108213336j:plain

JKやコートを着る際に邪魔にならないように、

袖下あたりはスリムな設計になっています。

冬場はインナーがごわごわしていると着にくいので、

ちょっとだけ気を使いました。

 

 

そして袖ぐりを縫います。

f:id:navistyle:20181108213454j:plain

 

 

 

袖ぐり完了。

f:id:navistyle:20181108213541j:plain

 

 

裏面です。

袖下と脇を合わせます。

f:id:navistyle:20181108213655j:plain

 

 

 

袖下から縫っていきます。

f:id:navistyle:20181108213738j:plain

 

 

袖下と脇が縫えました。

f:id:navistyle:20181108213815j:plain

 

 

これは袖口布です。

輪にします。

f:id:navistyle:20181108213853j:plain

 

 

袖口と袖口布です。

袖口布は2重にします。

f:id:navistyle:20181108213931j:plain

 

 

これから縫っていきます。

f:id:navistyle:20181108214011j:plain

 

 

縫っています。

f:id:navistyle:20181108214054j:plain

 

 

 

袖口が出来ました。

f:id:navistyle:20181108214238j:plain

 

 

 

残るは裾です。

今回はロックしてたたきます。

f:id:navistyle:20181108214138j:plain

 

 

 

そのままではおもしろくないかな?と思い、

裾脇あたりにシャーリングを入れることにしました。

 

すでに脇は縫われているので、

縫い代をはねてすぐ横にゴムを伸ばしながらたたきます。

f:id:navistyle:20181108214431j:plain

 

 

 

あまりきれいではありませんが、

こんな感じです。

f:id:navistyle:20181108214532j:plain

 

 

くしゅくしゅ。

f:id:navistyle:20181108214618j:plain

 

 

 

そして裾始末をします。

f:id:navistyle:20181108214731j:plain

 

 

 

スッキリ系のインナーです。

1枚着でもOK。

f:id:navistyle:20181108214810j:plain

 

 

衿ぐりは出来るだけスッキリとさせたかったのですが。

f:id:navistyle:20181108214844j:plain

 

 

横姿です。

f:id:navistyle:20181108214920j:plain

 

 

後ろ姿です。

f:id:navistyle:20181108215008j:plain

 

 

 

お腹をカバーしてくれそうです。(*´艸`)

f:id:navistyle:20181108215051j:plain

 

 

 

この挨拶は最近目につきますが、

日本の作法ではNGです。

これは韓国式のコンスと言われるもの。

日本式では肘を張ってはいけません。

f:id:navistyle:20181108215128j:plain

 

 

日本式はこちら。

手は組んでも、肘は張らないようにしましょうね。

f:id:navistyle:20181108215210j:plain

 

 

 

最近、コンビニや銀行でコンス的お辞儀をされるので

ちょっと気持ち悪いです。

お腹に手をあてて、肘を張って…。

違和感バリバリ。

 

いつからこんな挨拶をするようになったのかな?

 

やめてほしいですね。

 

 

 

 

 

 

では。

本日もありがとうございました🐤

 

 

 

 

東山魁夷展に行って来ました。

f:id:navistyle:20181107202641j:plain

 

 

 

 

こんにちは!

 

 

 

カットソー制作の途中ではありますが、

東山魁夷の生誕110年記念の展覧会が

新国立美術館で開催されている、

ということで、行ってまいりました。どうもすみません。

 

新国立美術館は六本木方面にあります。

 

所沢からは西武線の練馬で乗り換えて、

地下鉄大江戸線で六本木まで行きます。

昔は六本木は交通の便が悪かったですが、

大江戸線が出来てからは便利になりました。

 

 

六本木のミッドタウン経由で新国立美術館へ向かいます。

f:id:navistyle:20181107203610j:plain

ミッドタウンは六本木駅に直結しています。

到着したのがちょうどお昼時だったので、

まずはランチです。

 

名古屋でよくお世話になった「鈴波」で粕漬の定食をいただきました。

こちらは日替わりのお魚の粕漬の「鈴波定食」です。

今日のおさかなは…忘れてしまいましたが(聞いたことがないおさかなだったので)

聞いたことが無くても、鈴波さんなら大丈夫。

 

なつかしい粕漬のお魚定食。

おいしくいただきました。

f:id:navistyle:20181107204119j:plain

 

 

ランチのあと、すぐ近くにある黒川紀章さん設計の新国立美術館へ。

ガラスのウエーブがきれいです。

と言っても、木が大きくて全体像が分かりにくいですね。

f:id:navistyle:20181107204207j:plain

 

 

入口の看板です。

f:id:navistyle:20181107204312j:plain

 

 

向こうのビルは六本木ヒルズです。

f:id:navistyle:20181107204450j:plain

 

 

 

東山魁夷展は2階の展示室で開催されていました。

f:id:navistyle:20181107210558j:plain

 

 

 

 

堪能

 

 

眼福

 

 

当然ながら画像は禁止です。

 

 

出口に大きなパネルがあり、

皆さまここで記念撮影をしていました。

f:id:navistyle:20181107202641j:plain

 

 

 

外に出ると抜けるような青空。

f:id:navistyle:20181107210825j:plain

 

 

 

六本木ヒルズも光っています。

f:id:navistyle:20181107211616j:plain

 

 

再びミッドタウンに戻り、

3階のイデーショップカフェでお茶しました。

ここは室内でありながら吹き抜けのテラスで、

開放感があるカフェです。

 

 

 

お土産。

2019カレンダーとポストカードのbook。

一筆箋とポストカード2枚です。

一番好きな絵は北欧のです。下のポストカードですね。

f:id:navistyle:20181107212250j:plain

白い馬の「緑輝く」は人気がありますね。

NAVIも夏に蓼科へ行ったときに、

モデルとなった「御射鹿池」を訪れました。

 

 

f:id:navistyle:20181107220304j:plain

 

 

今回の展示で感動したのは、

NAVIが一番すきな北欧の絵があったことはもちろんですが、

壁画(襖絵)が圧巻だったことです。

すごい迫力で、言葉もありませんでした。

 

東山魁夷の作品を年ごとに展示されていまして、

80代から90歳の作品の繊細で完成された世界観に

あらためて魅了されました。

 

 

東山魁夷展に初めて行ったのはもう30年以上も前の

名古屋ででした。

 

その後、長野市にある東山魁夷美術館を訪れたこともあります。

 

日常にかまけていて

しばらく忘れていたのですが、

夏に続き、今年は思い出させていただきました。

 

 

 

 

では。

本日もありがとうございました🖍