なびの洋裁教室ブログ

自由に簡単にお洋服を作りたい!お気に入りの生地がカタチになっていくワクワク感を体験してくださいね。

初秋の花柄ワンピース②

f:id:navistyle:20190917204722j:plain



 

こんにちは!

 

 

ミンネで初めて不良品を出してしまいました。(知る限りですが)

ざっくりとした素材の玉縁始末をはずしてしまっていたのですね。

 

いつもご注文の作品は発送前に改めてアイロンをかけ、

その時に糸切忘れなど、最後のチェックをするのですが、

袖口ギャザーということもあり、

アイロンがかけにくい箇所。

 

まずは玉縁をはずして縫うなんて、考えられないのですが、

きっと生地端のほつれがきわどかったのですね。

玉縁という事もあり、縫い代は1㎝もありません。

 

縫い代がほつれやすい生地は時間をおかず、すみやかに縫うこと。

危険な箇所は見えない部分であってもロックをかける、など、

いつも注意しているつもりですが、

ギャザー寄せが真っ直ぐではなくて、

重なっている部分がずれてしまったのかも知れません。

 

ご購入いただいたお客様に申し訳なく、

また、NAVI自身も痛恨でありますが、 

どちらにせよ、NAVIのミスですので反省する所存です。

今後も、一層気を付けます。

 

 

 

さて、

秋物が動き始めました。

 

9月中に縫いたい生地がカタチになるのを待っています。

 

初秋はコットン生地の秋らしいカラーでスタートです。

春にも着られますね。

 

さて。

ワンピースの続きです。

 

気になる衿のフリルが出来て、

スカートの裏も縫えました。

f:id:navistyle:20190916210307j:plain

 

 

 

本体に戻り、袖を縫っていきます。

 

今回は袖山にギャザー、

袖口はレースを重ねたゴムでのフリル袖口になります。

f:id:navistyle:20190917203231j:plain

 

 

袖山ギャザーの場合、セットインですと

クラシックな雰囲気になってしまうので、

肩は落として、

袖のボリュームを袖口側寄りにするのが今年っぽいかな。

f:id:navistyle:20190917203529j:plain

 

 

袖下から脇を縫い、袖口を細い三つ折り始末をします。

 

 

レースを重ねて、ゴム通し布をたたきます。

f:id:navistyle:20190917203607j:plain

黒いテープはステッチ案内です。

ステッチ定規が3㎝くらいまでしか測れないので、

それ以上の場合はこのテープを貼って案内とします。

 

 

袖口が出来ました。

f:id:navistyle:20190917203653j:plain

 

 

上身頃が出来ました。

f:id:navistyle:20190917203935j:plain

 

 

 

スカートを縫います。

ティアードです。

f:id:navistyle:20190917203732j:plain

 

時間が足りなくなってしまい、

ここからは画像を撮る余裕がなく、画像はありませ~ん。

 

 

 

 

出来ました。

エストリボンも作りました。

 

 

 

やや立ち衿風のフリルです。

f:id:navistyle:20190917204529j:plain

 

 

袖口です。

内側に入れ込めば普通のパフの袖口になるのが

ゴムの良いところですね。

この季節は気温がいろいろですので、

たくし上げれば7分袖にもなります。

f:id:navistyle:20190917204600j:plain

 

 

 

ふんわり。

f:id:navistyle:20190917204635j:plain

 

 

 

最初は地味な生地かな~、と思っていたのですが、

フリルやレースをあしらって、

ギャザーでふんわりさせたら

上品な華やかさのあるワンピースが出来上がりました。

 

 

 

 

 

では。

本日もありがとうございました🐟

 

 

 

 

初秋の花柄ワンピース①

f:id:navistyle:20190916205724j:plain

 

 

 

こんにちは!

 

 

ご無沙汰してしまいました。

 

ミンネの制作を続けているのですが、

それほど変わった生地や縫製ではなかったので、

画像をあまり撮らなかったのです。

 

今回のワンピースは、

優しいバラ柄とストライプの、

クッキーみたいな焼き菓子を思い出してしまう生地であります。

クリーム系ベージュにココア色のストライプ。

そして小さなバラがあしらわれています。

 

よく見ると一方方向のプリントでして、差し込みが出来ません。

f:id:navistyle:20190916205759j:plain

ここはフリルやレースをあしらって、

スイーツのようなワンピースを作ってみましょうか。

 

甘いだけではなく、ストライプが全体を引き締めてくれています。

 

 

NAVI的には今回のポイントは衿ぐりにあしらったフリルです。

レースとのWフリルになります。

分量など、1歩間違えるとかわいくなくなる危険区域でもあります。

 

 

見返しに芯を貼り、ネームをたたきます。

f:id:navistyle:20190916205836j:plain

ネームはオリジナル感がありますので、

少々手間ですが付けることをお勧めします。

 

通常は、小物や裏地などを先に縫いますが、

今回は衿ぐりのフリルの仕上がり具合が気になりますので、

先に衿ぐりを縫うことにします。

 

 

 

見返し、フリル、身頃の肩を縫って、

衿ぐりの準備が完了です。

これからレースをはさんで縫っていきます。

f:id:navistyle:20190916205930j:plain

 

 

 

先ずは身頃の衿ぐりにフリルを仮止めします。

f:id:navistyle:20190916210018j:plain

 

 

 

見返しを縫います。

f:id:navistyle:20190916212842j:plain

 

 

フリルが出来ました。

まずまずです。

f:id:navistyle:20190916210307j:plain

 

 

 

衿ぐりが出来ましたので、裏地へ行きます。

スリット止まりまで縫います。

f:id:navistyle:20190916210359j:plain

 

 

裏地が出来ました。

f:id:navistyle:20190916210527j:plain

冬物ボトムには裏地が必須です。

肌触り、滑り、シルエット作り、などなど、ですね。

 

このワンピースにはスカート部分に付きます。

 

 

 

夏の暑さが過ぎ去り、

秋の装いを考える時期となりました。

 

引き続き、スカートやワンピースが良さそうですね。

 

流行っておもしろいですね。

 

 

 

では。

本日もありがとうございました🦀

 

 

 

 

 

 

 

初秋のふんわり袖ブラウス②

f:id:navistyle:20190911223715j:plain



 

 

 

こんにちは!

 

 

 

台風が去り、不安定な暑い日が続きます。

千葉の方では停電とか。

夏場の停電は冷蔵庫の問題があるので大変です。

今はなんでも電気がないと暮らせませんね。

停電と言えば、

東日本大震災の時の計画停電を思い出します。

NAVIは割と電気がなくても平気な方です。

コンロはガスですので、煮炊きは大丈夫。

思い出すのは、

電気のない世界と言うのは「静か」なことです。

エアコンや何かがピー、とかブンブンとか何も音がしないので、

本当に静かなのでした。

停電はない方が良いに決まっています。

早く復旧されますように…。

 

 

 

さて、

ブラウスの続きです。

 

 

今回の生地や縫製仕様では特に苦労することは

無かったです。

やわらかな素材ですが、綿ですので縫いやすいです。

 

カラーが画像では分かりにくいのが残念です。

グリーンがかったベージュのニュアンスのある生地です。

 

お袖です。

ラッパみたいですね。

f:id:navistyle:20190910213842j:plain

 

 

 

袖口にゴムを通しました。

f:id:navistyle:20190911223545j:plain

 

 

 

後ループは釦が内側に付くタイプです。

f:id:navistyle:20190911223444j:plain

 

 

 

ストンと着たらこんな感じです。

f:id:navistyle:20190911223323j:plain

 

 

 

後ろの開き。

f:id:navistyle:20190911223811j:plain

 

 

 

裾はカーブで。

f:id:navistyle:20190911230222j:plain

 

 

 

ナチュラル系~シックな色系のボトムに合わせていただくと

よろしいかも。

f:id:navistyle:20190911230348j:plain

 

 

 

 

この秋はなぜかシャツブラウス系のアイテムが気になります。

1枚で絵になるもの、インナーとしても着られるもの、

気になるデザインを片っ端から作りたいものですが、

実際はけっこう悩んでしまうのであります。

 

 

 

では。

本日もありがとうございました🎹

 

 

 

初秋のふんわり袖ブラウス①

f:id:navistyle:20190910211233j:plain

 

 

 

こんにちは!

 

 

台風が去ったらまた猛暑になってしまいました。

9月で35度とか、勘弁。

 

朝晩は秋の気配を感じる昨今ですが、

まだ秋物に移行するのは先になりそうです。

 

本日はやわらかなベージュカーキ色のコットン素材で

ブラウスを作りました。

ふんわり袖はまだ継続するようです。

シンプルなプルオーバーでも、

お袖をポワンとさせることで、今年らしくなりますね。

 

パターンは肩をかなり落として、

肩巾としては72㎝あります。

これだけ落としますので、

袖山にギャザーを入れても子供っぽくならないと思います。

 

袖口始末は、

カフス、玉縁、ゴムなどが考えられます。

今年はカフスが、それも巾広系のカフスが気になりますが、

このブラウスはたくし上げることができるゴムを採用しました。

ゴムの袖口もここ数年の傾向ですが、

便利です。

 

 

ダイジェストですが、完成までの行程です。

今回はあまり画像を撮っていなくて、申し訳ありません。

 

 

衿ぐりは見返し始末です。

後にスリット開きがあります。

f:id:navistyle:20190910213720j:plain

 

 

 

身頃は肩を縫って、衿ぐり見返しを縫います。

後開きは共布のループ止めです。

f:id:navistyle:20190910213800j:plain

 

 

 

次はお袖です。

ギャザーを寄せた袖山と袖ぐりを縫って、

袖下から脇を縫います。(その前に裾の始末をしておきます)

f:id:navistyle:20190910213842j:plain

 

 

 

ボリューム袖は可愛いのですが、

大抵の場合、生地の「とり」が良くありません。

すごぉくたっぷりしたお袖の場合は、

身頃より用尺がかかったりします。

それでも、

分量はいろいろですので、

自分に合った分量のお袖で、

今年らしさを感じるのも良いですね。

 

 

 

続きは次回です。

 

 

 

では。

本日もありがとうございました🐣

 

 

 

祝ミンネ半年。

f:id:navistyle:20190907214203j:plain

 

 

 

こんにちは!

 

 

 

本日は9月7日です。

 

ちょうど半年前の3月7日に

初めてミンネに出品を開始いたしました。

 

この半年は制作とパターン教室に邁進してまいりました。

そのせいかどうか、

ブログの教室っぽい記事が書くことがなかなかできなくて、

申し訳ありません。

 

ハンドメイドでお洋服を作りたいと思っている方に

NAVIの知識を少しでもお伝えしたいと

思って始めたブログが、

いつのまにか作品のご紹介になっていました。

 

今後は以前のように、

細かくパターンの引き方などを書く余裕はないかも知れません。

しかしながら

制作に関した縫製とか、他のことなど

出来る限り書いて行きたいと思います。

 

最初の画像は、

ミンネで初めてご購入いただいた作品です。

この生地がきっかけでミンネ出品を思い立ちましたので、

2重の意味で思い出深い作品となりました。

 

 

ハンドメイドは、主に自分自身で着用するために制作すると思います。

 

NAVIの制作したいと思う作品は、

どちらかというと

自分のためではなくて、

アンテナにかかった生地で

何か内なるものの要望に従って制作しているような気がします。

その生地は、もちろん普通の生地であったりもしますが、

自分が着る着ないにかかわらず選びます。

 

アンテナにかかった生地でぱぱっとイメージが浮かぶ瞬間は楽しいです。

 

それでも、制約はありますので、

昔からの信条、

「限られた(与えられた)条件の中で 最高と思う仕事をする」

という気持ちでやっております。

 

 

ミンネの評価としまして、

販売数とお気に入りの数があります。

販売数は生地に限りがあったりして、

あまり数は制作できないことが多いです。

なので

お気に入りに入れてくださった数量順にベスト3をご紹介します。

 

★第3位

 ギャザーペチコート

f:id:navistyle:20190907220218j:plain

 

 

★2位

 Wガーゼのワンピース

f:id:navistyle:20190907220100j:plain

 

 

★1位

 バティックのロングスカート

f:id:navistyle:20190907220015j:plain

 

 

けっこう1点物が多いので、

同じものが何枚も売れることはありません。

多くて5枚くらいなのですが、

その中で評判の良かった作品を紹介いたします。

 

上のギャザーペチコートとバティックのスカートは

その中に入っています。

その他には。

f:id:navistyle:20190907223321j:plain

f:id:navistyle:20190907223447j:plain

f:id:navistyle:20190907223559j:plain

これらの作品です。

 

 

 

ご購入いただいた方からご投稿いただくレビューは、

本当にうれしいです。

何回も読み返してしまいます。

 

 

今後も作品の制作過程などが中心になると思いますが、

よろしくお願いいたします。

 

 

 

では。

本日もありがとうございました☘

 

 

 



 




Wガーゼのスタンド衿フリルブラウス②

f:id:navistyle:20190904212124j:plain

 

 

 

こんにちは!

 

 

9月に入って、33度の蒸し暑い日や、

ゲリラ豪雨の夕方などがあって、

本日はエアコンのお世話にならない涼しい日でありました。

 

今頃になってゴーヤの蔓がぐんぐん伸びて、

何個かのゴーヤも育ってきました。

今年は網もかけずにフェンスに放置していまして、

と言うのは、

10粒くらい蒔いたのですが(5月に)

2本くらいしか育たず、

今年はダメかな~、と思っていたら、

気が付いたら他の植物に巻き付きながら、

いつの間にか細々と育っていたのであります。

現在はゴーヤの赤ちゃんが8個くらい育っているようです。

1個は明日にでも収穫できそうです。

これは何代目なのかなあ。

来年も子孫をつなげそうで、安心しております。

 

 

 

 

それではブラウスの続きです。

 

 

 

これから衿のバイヤス布をたたいていきます。

f:id:navistyle:20190831202556j:plain

 

 

 

次回から共布のガーゼバイヤスではなく、

薄地の綿バイヤスに変更した方が良いかしら。

ガーゼバイヤスはどちらかというと、扱いがイマイチです。

f:id:navistyle:20190904212209j:plain

 

 

 

たたけました!

f:id:navistyle:20190904212251j:plain

 

 

 

袖口もバイヤス布をたたいてゴムを通します。

f:id:navistyle:20190904212331j:plain

 

 

 

出来ました。

f:id:navistyle:20190904212453j:plain

シンプルながら、

今年らしいブラウスです。

しかも

肌触りが良く、気楽に着れておしゃれかも。

 

 

 

 

 

進化バージョンです。

薄手の綿ローン生地で、

裾にフリルを付けました。

裾のラインは前から後ろにかけて長く、

横姿がかわいいです。

f:id:navistyle:20190904212630j:plain

 

 

衿ぐりには綿レースを重ねました。

f:id:navistyle:20190904212726j:plain








 

衿はゴムでなくて、スタンド衿にフリルをはさむのも

作っても良いですが、

このスタイルはスポン!とかぶれるので

楽なんですよね。

 

今季はこのタイプの衿が注目ですので、

いろいろと作ってみたいですね。

 

 

 

さて。

最近何を作っているかと言うと、

初秋ものを何点か制作しまして、

ミンネにUPいたしました。

 

丁度季節の変わり目ですので、

カラーなどが秋を感じさせるものが良いですね。

 

優しい雰囲気の作品が多いように思いますが、

今後はちょっとモード的な作品も制作したいと考える

今日この頃です。

 

 

 

では。

本日もありがとうございました🌙

 

 

 

 

Wガーゼのスタンドフリル衿ブラウス。

f:id:navistyle:20190831202136j:plain

 

 

 

こんにちは!

 

 

残暑が厳しいです。

でも夏が終わってい行く気配を感じます。

 

Wガーゼの生地でブラウスを作りました。

Wガーゼ生地は人気のある生地ですが、

NAVI的には課題が2個あります。

素材的によそ行き感が出しにくい。

生地の織りが甘いので、裁断や始末に注意が必要。

 

ナチュラル感がありますので、

普段着プラス、的なおしゃれな日常着を作りたいですね。

 

今回はトレンドの立ち衿フリルのブラウスです。

少し前からのトレンドですね。

衿ぐりが詰まっていますので、開きが必要です。

通常は後ろでスリット、みたいな感じですが、

もっと簡単に気楽に着たい、という事で

かぶり仕様にしました。

 

衿まわりは一定の寸法が必要です。

前衿ぐりの線がなかなか難しいところです。

f:id:navistyle:20190831202226j:plain

 

 

 

こちらはバイヤス布です。

Wガーゼでのバイヤス布はなかなか難しいところです。

f:id:navistyle:20190831202407j:plain

 

 

 

では、縫製に入って行きます。

 

 

まずは肩から縫います。

f:id:navistyle:20190831202442j:plain

 

 

 

衿ぐりを細い三つ折りにします。

f:id:navistyle:20190831202521j:plain

 

 

 

次はゴム通しになるバイヤス布をたたきます。

f:id:navistyle:20190831202556j:plain

 

 

スタンド衿系のブラウスは何点かデザインを変えて、

作りたいアイテムのひとつです。

 

1作目はこのWガーゼです。

 

どんどん進化させていきたいです。

 

 

 

続きは次回です。

 

 

 

では。

本日もありがとうございました🌵