なびの洋裁教室ブログ

自由に簡単にお洋服を作りたい!お気に入りの生地がカタチになっていくワクワク感を体験してくださいね。

自由にテーラー衿を引きましょう。

f:id:navistyle:20190319202854p:plain

 

 

 

 

こんにちは!

 

 

 

どんどん春めいてきました。

まだ朝晩は寒いですが、

もうすぐ暖房とお別れです。

 

 

 

さて、

テーラーですか。

という声が聞こえてきます👂

 

テーラー衿と言うと

JKやコートでしょ。

と思うと思います。

 

もちろんJKに多いです。

 

でも、

シャツなどにも使えます。

 

 

テーラーカラーの引き方の指導を見ていると、

きっと、

どのような上がりになるのかが

わかりづらいと思います。

 

そこで。

 

自由に好きな衿を描いて、

自由にテーラーを引こうと思います。

 

 

今回はシャツの衿をテーラーカラーっぽく

したいな~、と思いまして。

シャツカラーみたいなものですが、

開襟シャツって言うのでしょうか。

テーラーほど硬い感じではないですが、

テーラーを引く時とおなじやり方で引こうと思います。

 

シャツなので軽い感じにしたいと思います。

 

基本的な引き方は変わりませんので、

引いていきますね。

 

これは前身頃です。後ろ身頃 → 前身頃を引きます。衿ぐりは普通でOK。

青点は前中心、赤点は前持ち出し分です。

ラペルの返り終わりを決めます。(赤点の一番上になります)

f:id:navistyle:20190319203827j:plain

 

 

 

NP(ネックポイント)から2.5㎝とラペル終わりを結びます。

これがラペルの返り線になります。

f:id:navistyle:20190319204439j:plain

 

 

好きな衿の線を描きます。

f:id:navistyle:20190319204845j:plain



 

 

折り返し線で折って、ルレットでなぞります。

f:id:navistyle:20190319204807j:plain

 

 

ルレットで写した線を描きます。

f:id:navistyle:20190319205137j:plain

 

 

 

返り線を延長して、

NPから平行に線を引きます。

後衿ぐり寸法から直角に3㎝取り、NPと線を引きます。

f:id:navistyle:20190319205258j:plain



 

 

衿ぐり線を引きます。赤点です。

NPはなだらかにします。

f:id:navistyle:20190319205559j:plain

 

 

NPから後衿ぐりを取って、

直角に後中心線っを引きます。

衿腰は後ろ中心で3㎝、返り分は4㎝とります。

衿腰は自然に折り返し線と合流させます。

f:id:navistyle:20190319205736j:plain

4㎝取った衿返り分は先の方に自然につなげます。

 

 

 

写しました。右の前衿ぐり部分は丸くしました。

JKでは角になっていますね。

角にすると硬くなるかな?と思い、丸くしました。

f:id:navistyle:20190319211534j:plain

 

 

これで出来上がりです。

 

 

これは基本の衿腰です。

 

衿が大きくなったり、フラット風にしたり

そういう場合はNPの寝かし分が変わったりします。

 

まずは基本のこれで引いてみて下さい。

 

おもしろいくらい、

描いた線のかたちに衿やラペルが出来上がってきます。

 

 

衿も当てずっぽうでは引けません。

基本はやはり

身頃とのバランスを見て、

実際に描き入れて、

それからパターン上必要な展開をします。

 

難しそう、と思われがちなテーラードですが、

JKではないので

気軽に作れます。

縫製もはさみ込みでOKです。

 

 

いつ仕上がるか未定ですが、

いつか縫製もご紹介しましょう(ドキドキ💕)

 

 

今回、パターンがきれいに引けなくて、見苦しくて申し訳なかったです。

 

 

 

 

 

、では。

本日もありがとうございました👗

 

 

 

 

 

 

ダーツをきれいに、しかも簡単に縫いたい。

f:id:navistyle:20190318203536j:plain

 

 

 

こんにちは!

 

 

 

ナニイロのダブルガーゼでラップスカートを作りました。

 

水彩風ボーダーが印象的です。

 

少し前にダーツの縫い代についてご説明しましたね。

本日はそれを縫います。

 

ダーツの縫い方もいろいろあるようです。

やっぱり難所はダーツ終わりですね。

 

ここは返し縫をしないで糸を結んだり、

なんて方法もあります。

返し縫いをすると生地が負けてしまって

よれたりすることがあるから、返し縫を避けたりするのでしょうか。

と、他人事のように言うのは、

既製服では基本手仕事を極力しないので、

返し縫いしない縫い方はしないと思います。

NAVIも返し縫いをします。

 

 

では縫いながら説明していきますね。

 

 

パターンはこれです。このダーツを縫います。

しるしはウエスト部分は切り込みを入れ、

ダーツ終わりは切りしつけをします。1本だけですよ。

f:id:navistyle:20190313215602j:plain

 

 

縫う前に、ウエストのしるしを合わせて、

ダーツ終わりまでアイロンで折ります。

f:id:navistyle:20190318203702j:plain

ダーツの山は地の目が通っていないことが多く、

ふつうに折るだけですとよじれる可能性があります。

山をアイロンで固定することによってよじれを防ぎます。

 

 

 

NAVIは基本的にしつけをしないし、ピン打ちも

最小限しかしませんので、

ダーツの場合は案内として、PPバンドを利用します。

ダーツ終わりの5㎜手前に照準を合わせます。

f:id:navistyle:20190318203743j:plain

なぜ5㎜手前なのか?

と申しますと、

ダーツ終わり部分は1㎝ほど生地の1㎜を平行に縫います。

5㎜手前あたりがちょうど具合よく端までいきますので。

 

 

1㎝ほど平行に縫います。

f:id:navistyle:20190318203817j:plain

 

 

こんな感じです。返し縫をします。

f:id:navistyle:20190318203854j:plain

 

 

アイロンをかけます。

ダーツ先がきれいに消えています。フ~~(^_^;)

f:id:navistyle:20190318203934j:plain

 

 

ダーツは丸みをを出すためのものですから、

ダーツ自身に少し丸みを持たせて縫うことがベストでしょう。

そのように引かれているパターンもありますが、

その場合はこまかな切りしつけなどをする必要があります。

丸みを持たせたい場合は、

パターンは真っ直ぐに引いて、

縫うときに気持ち(1㎜~2㎜)加減して縫えば良いかな?

と思います。

通常は直線とさいごの平行1㎝を守れば大丈夫と思います。

 

キモはダーツ終わりにえくぼを作らないことですね。

それは1㎜平行1㎝を守れば大丈夫。

返し縫いがぐちゃぐちゃになりそうなら、

途中でやめて、ぐちゃぐちゃの糸をきれいにして、

最後で結んでください。

 

 

 

これでダーツもばっちりですね!

 

 

 

 

 

では。

本日もありがとうございました👘

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ギャザーをきれいに縫いたい!!

f:id:navistyle:20190317194225j:plain

 

 

 

こんにちは!

 

 

 

今年はギャザーものが流行ると小耳にはさみました。

 

 

まぁ  もう何回ぐしぐししたことでしょう。

 

昔は手縫いで2㎜位をぐしぐししたこともありましたっけ。

 

今はもちろんミシンです。

 

以前働いていたアパレルのエプロンの部署では

サンプルもデザイナーが縫っていました。

彼女たちはミシンでぐしぐししないで、

目打ちで小さな小さなタックを入れ込みながら

ギャザーを縫っていました。すごいことです。

 

 

今回はスカートのギャザーです。

スカートであっても、どこであっても

ギャザーはギャザーですので、

よかったら参考になさってくださいね。

 

 

縫う前にギャザーの説明を少し。

 

ギャザー分量はどのように決めるのか?

以前も書いたことがあるような気がしますが、

改めまして。

 

ギャザー分量の基本は1.5倍です。

わからなかったらとりあえず、この倍率です。

多くもなく、少なくもなく、だいたいどの生地にも大丈夫です。

 

デザインによって、

またはパターンの都合上、  などなどで

倍率を決めます。

きっちり1.5倍などと真面目に考えなくても良いです。

端数は切り上げたりしましょう。

 

今回のギャザーは綿麻キャンバス生地で

少々厚めでかたいです。

ギャザー倍率は…

すみません、忘れてしまいました。

最初は約2倍だったのが、

10㎝けずったので、48−10=38  38÷23=約1.65倍ですね。

 

薄い生地はたっぷりめの方がかわいいです。

2倍は欲しいところです。

 

また、厚い生地も倍率が低いと

厚みに取られてしまって、

いせみたいになるかも、ですので

ほどほどには欲しいところです。

(厚さのある生地ではあまりギャザーは入れないですが)

 

 

では、ギャザーを縫っていきます。

 

 

ギャザー用捨てミシンは2本です。

端から9㎜と3~4㎜のところを縫います。

針目は生地によって変えましょう。

これは3.2㎜くらいです。

薄い生地は通常の針目(2.5mm)でもOKかも知れません。

薄い生地で針目を大きくしすぎると、粗いギャザーになります。

厚みのある生地は針目を大きくします。

これは最初は3㎜の針目で縫いましたが、

ちょっと小さかったようで、引っ張るのに苦労してしまいました。

ので、3.2㎜位がベストかな。

 

先ずは9㎜のところを捨てミシン。

f:id:navistyle:20190317212118j:plain

 

 

2本目です。

f:id:navistyle:20190317212258j:plain

捨てミシンは表地を上にして縫います。

なぜか?

通常のミシンの糸調子は上糸が下糸にくらべてややゆるいです。

ということは、下糸の方がつり気味ということです。

ギャザーは通常生地の裏面の糸を引っ張りますので、

少々つり気味の下糸を引っ張ると楽なのです。

 

9㎜のところを縫うのは、

縫い合わせたときにギャザーの針目が見えなくて、

しかもぎりぎりのところだからです。

ギャザー寄せのステッチのすぐ横を縫えばOK、

ということもあります。

 

 

生地裏面から糸を2本一緒に引っぱります。

f:id:navistyle:20190317213532j:plain

 

 

 

ギャザーを適度に寄せてから合わせてもOKですし、

ピン止めしてからギャザーを寄せても、やりやすい方で。

f:id:navistyle:20190317213746j:plain

 

 

 

ギャザー縫い合わせの合印は、平面側の10㎝くらいの間隔で

合わせると均一にギャザーを寄せることが出来やすいです。

f:id:navistyle:20190317214312j:plain

 

 

 

目打ちでつぶしながら縫っていきます。

f:id:navistyle:20190317214420j:plain

 ギャザー寄せのすぐ横を縫うと細かなギャザーを入れることができます。

離れてしまうとギャザーが粗くなってしまうのでもったいないですね。

 

 

アイロンで縫い代をつぶします。裾方面を引っ張り気味にしてかけましょう。

f:id:navistyle:20190317214604j:plain

 これは縫い代の厚みを押さえることと、

ロックをかけたときにギャザーの流れを整える目的があります。

ギャザーは斜めらないよう下に向かって流れるのが理想です。

縫い代もあちこち自由奔放にしないで、きれいに整えます。

 

 

ここで通常はロックをかけます。

 

 

キャンバス生地はなかなかきれいにいかないですが、

こんな感じです。

f:id:navistyle:20190317214852j:plain

 

 

後は接ぎ目部分にコバステッチをかけたりします。

この作品は工程上、あとでかけることになります。

 

 

 

f:id:navistyle:20190317215238j:plain

 

 

 

 

 

 

ギャザーの分量に迷ったら、

10㎝くらい端布で試してみると良いですよ。

まずは1.5倍ですね。

少なければだいたいで良いので1.8とか、2倍とか検討をつけて修正します。

 

 

 

 

 

 

今更ながらのギャザーでした!

 

 

 

 

 

 

では。

本日もありがとうございました🎀

 

裏毛ニットでカーディガン③

f:id:navistyle:20190316202209j:plain

 

 

 

こんにちは!

 

 

 

 

本日は土曜日。

世間はお休みです。

NAVIはお休み気分ですが、作業をしました。

ミンネの新作を作成中です。

 

ミンネでは初めてのお買い上げがあり、

とても嬉しいです。

 

お気に入りのミモザ生地で制作した

スカートです。

けっこうかわいいとひそかに思っています。

 

アパレルデザイナーの頃の自分のデザインが

生産されて出荷されていく時の気持ち…

よく「お嫁に出す」と言っていました。

 

嫁入り先で幸せになりますように…。

 

 

 

さて、

カーデの続きです。

 

 

衿ぐりまわりが出来ましたので、袖を縫います。

f:id:navistyle:20190316202240j:plain

 

 

 

スラッシュポケット縫いはいつもは

脇を縫ってからが習慣ですが、

今回は縫い代が1㎝の片倒しですので、

先に脇を縫うと具合が悪いです。

ロックをかける関係もあって、

先にポケット口を縫います。

f:id:navistyle:20190316202316j:plain

縫い代が片倒しの場合は、

袋布口に切り込みを入れる必要があります。

ポケット口に芯を貼って、

切り込みに耐えられるようにします。

 

 

 

ポケット布は見返しにかぶります。

f:id:navistyle:20190316202352j:plain

ポケット布の納まりが良いように、

見返しとポケット布を止め付けます。

 

 

 

スリットの裾は中縫い仕様です。

裾は4.5㎝巾のステッチをかけます。

f:id:navistyle:20190316202913j:plain

 

 

 

スリットは続きの見返しです。

上部を止めステッチします。

スリットとまりにも閂代わりに返しミシンをかけます。

f:id:navistyle:20190316202938j:plain

 

 

 

 

袖口も4.5㎝巾でたたきます。

f:id:navistyle:20190316203126j:plain

 

これで完成です。

 

 

 

思ったより上品に仕上がりました。

f:id:navistyle:20190316203159j:plain

 

 

 

スリットです。

 

f:id:navistyle:20190316203253j:plain

 

 

 

後ろ姿です。

シンプル。

f:id:navistyle:20190316203322j:plain

 

 

 

ドロップショルダーです。

f:id:navistyle:20190316203404j:plain

 

f:id:navistyle:20190316202129j:plain





裏毛ながらもなぜか上品にできました。

身頃などの縫い合わせ以外は

本縫いの布帛モノ仕様ですので、

そのようになりますよね。

 

裏毛でも、

つらがきれいな生地でしたので

カジュアルにはならなかったですね。

 

秋冬になったら両面フリース生地や

圧縮ニットとかで作ると

良さそうです。

ボンディングなんかも

雰囲気が出そうですね。

 

パターンは気に入りました!

 

 

 

 

では。

本日もありがとうございました🍻

 

 

 

 

 

 

裏毛ニットでカーディガン②

f:id:navistyle:20190315201857j:plain



 

 

 

こんにちは!

 

 

 

本日はおだやかな日でした。

NAVIは浦和まで所用があって、お出かけしました。

浦和へ行くのは10年ぶり以上かなぁ。

f:id:navistyle:20190315203649j:plain

 

 

 

久しぶりにユザワヤさんへ寄りました。

f:id:navistyle:20190315203745j:plain

ユザワヤ浦和店は昔は単独の建物があったと思いますが、

現在はパルコの中に入っています。

移転してからは初めて訪れました。

ちょこまかと生地を購入しました。

f:id:navistyle:20190315203833j:plain

この春のイチオシ、ミモザの綿麻生地です。

NAVIは購入せず。

 

 

 

さて、

裏毛ニットのカーデの制作をして行きます。

 

あまり細かな説明はなく、

ダイジェスト的なご紹介になります。

 

ニットですので、基本はロックで縫います。

が、ロックで縫えない部分もあるので、

そこは本縫いです。

 

ニットですが、前見返し仕様ですので、

きちんと感があります。

肩がドロップ仕様ですので、

その辺はカジュアル~なんです。

 

 

 

 

これは見返しですね。

丈が94㎝ありますので、それなりに長いです。

裾は中縫い仕様ですが、

芯を貼るとちょっと縮むので裾の縫い代は

身頃と同じにカットして、縫ってから余分をカットします。

f:id:navistyle:20190315201652j:plain

ちなみに、芯を貼った後の縮み分は7㎜程でした。

 

 

 

身頃の肩をロックで縫いましたので、

これから見返しを縫います。

f:id:navistyle:20190315201728j:plain

 

 

縫いました。

f:id:navistyle:20190315201810j:plain

 

 

衿ぐりから前端はステッチが見えない仕様です。

 

 

後衿ぐりの見返し端に止めステッチをかけます。

f:id:navistyle:20190315201940j:plain

 

 

衿ぐり~前端が出来ました。

f:id:navistyle:20190315202035j:plain

 

 

 

裏毛というカジュアルな素材ですが、

仕様によってはそこまでカジュアルではない、

というカーディガンが出来そうです。

 

 

 

 

続きは次回です。

 

 

 

では。

本日もありがとうございました🌸

 

 

 

 

 

裏毛ニットでカーディガン①

f:id:navistyle:20190314212248j:plain

 

 

 

 

こんんちは!

 

 

 

花粉がすごいです。

 

NAVIは昨年花粉症デビューしてしまいました。

この季節は鼻炎とともに、

くしゃみと目が痒い症状に悩まされます。

 

でも

あまり気にしないのでなんとか過ごしています。

 

 

さて。

春になりまして、

気軽に着れて、ちょっとモードなカーディガンと言うか、

コーディガンみたいなはおりものを作成しました。

 

素材は裏毛ニットです。

トレーナーやパーカの素材ですね。

 

このカジュアル素材を使って、

気軽にはおれて、

しかもちょっときちんと感も欲しいな、というコンセプトです。

f:id:navistyle:20190314212934j:plain

カラーは濃紺なのですが、

これは裏毛でもミニ裏毛という種類です。

 

裏毛には薄い順に、

ミニミニ裏毛 < ミニ裏毛 < 裏毛 < おに裏毛

という段階があります。

ミニミニ裏毛ともなると、

普通のニットとそんなに変わらないのですが、

これはその1段厚めのミニ裏毛です。

通常のトレーナーよりちょっと薄いですね。

 

カラーは普通の裏毛でグレーと白があるのですが、

今回は少しハリがあるように見えた紺のミニ裏毛を

使うことにしました。

 

 

パターンはニットですので、

前後は同じで、衿ぐりや前端が違っているのみです。

前裾下がりは付けました。

袖はドルマンからの切り替えになります。

袖も前後同じです。

 

原型の肩線のみを利用して、

ざっくりと引きました。

f:id:navistyle:20190314214914j:plain


これはマスターパターンになります。

ここから写してパターンを作ります。

 

f:id:navistyle:20190314215027j:plain

 

丈は94㎝、肩幅が52㎝、袖丈が40㎝です。(バストは忘れました)

 

ポケットは脇スラッシュあきです。

ノーカラーのノーボタン。

脇裾にスリット開き。

 

このような仕様になっています。

 

パターン修業中の方はこの情報でパターンを引いてみて下さい。

肩線のみを原型を利用します。

 

 

 

 

と言うわけで、裁断中です。

f:id:navistyle:20190314215232j:plain

 

 

縫製はなるべくロックのみ、

本縫いミシンも併用します。

 

 

 

 

 

ロックのみの脇スラッシュポケットは

けっこう苦しいでございます。

 

 

などなど

 

 

縫製は次回から、です。

 

 

 

 

では。

本日もありがとうございました👘

 

 

 

 

 

ダーツの縫い代。

f:id:navistyle:20190313212141j:plain

 

 

 

こんにちは!

 

 

 

昼間の気温は18度。

暖かな日中でしたが、

陽が落ちると寒くなってきました。

風邪に注意ですね。

 

今年の桜は開花が早いそうです。

もう花見だなんて。

 

 

 

 

さて。

本日はダーツの縫い代の付け方です。

 

パターンをやってらっしゃる方には定番のものですが、

初心者の方が参考にしていただければ、と思います。

 

 

ダーツは身頃脇やスカートが主ですね。

 

そこにふくらみが欲しい時、

または、余った布をたたみたい時に入れます。

ダーツはーーーまぁ三角形ですので、

合わせた角が角っとなります。

 

その辺を図でご紹介しますね。

 

 

これはスカートのダーツです。

もともとダーツは2本です。

パターンのシルエットとしては、

1本のダーツはたたんでそのぶんをフレアーとし、

もう1本をダーツとして残しました。

それの縫い代を付けていきます。

 

こちらです。ウエストラインにダーツを書き入れます。

f:id:navistyle:20190313212141j:plain

 

 

別紙にダーツを写します。ダーツ線は途中まででOKです。

エストラインはある程度ウエスト状況が分かる程度でお願いします。

f:id:navistyle:20190313213221j:plain

 

 

ダーツをたたみます。

スカートのダーツたたみは中央側ですね。

f:id:navistyle:20190313215241j:plain

 

 

きっと角っとなっていると思うので、

つながりよく引き直します。

f:id:navistyle:20190313215325j:plain

 

 

 

たたんだ部分をルレットでゴリゴリします。

f:id:navistyle:20190313215357j:plain

 

 

 

開きました。

f:id:navistyle:20190313215429j:plain

 

 

 

ルレットをなぞります。

f:id:navistyle:20190313215459j:plain

 

 

 

本体に写します。

f:id:navistyle:20190313215530j:plain

写らない紙の場合はルレットでなぞって写します。

 

 

これで出来上がりです。

f:id:navistyle:20190313215602j:plain

 

 

 

 

タックもそうですが、

このように斜めってたたむ場合は、縫い代に変化があります。

実際にたたむのが一番です。

引いたパターンをそのまま使ってたたむ場合もありますが、

やはりズレやすいので、別紙で部分的に写して確かめることを

お勧めします。

 

こういう写る紙やトレーシングペーパーがあると便利ですね。

 

 

ダーツはこのようにしないと、

縫い代が足らなくなることがありますので、

必ず実際にたたんでみましょう。

 

 

 

では。

本日もありがとうございました🚀