なびの洋裁教室ブログ

自由に簡単にお洋服を作りたい!お気に入りの生地がカタチになっていくワクワク感を体験してくださいね。

裏付きベルト切り替え総ゴムウエスト。

f:id:navistyle:20190301210844j:plain

 

 

 

 

こんにちは!

 

 

 

総ゴムのウエストは言ってみれば、

ホームソーイングの第一歩、とも言える部分縫いですね。

多くの方が総ゴムスカートからソーイングを始めます。

 

総ゴム、とひとくちに言っても、

けっこうな種類…と言うか、

ゴムの巾、縫い方など、いろいろ種類があります。

 

一番簡単なのが、ゴム入れ部分をぐるっと縫って、

細いゴムを入れるタイプです。

難しいのが、

総ゴムではなくて部分的にゴムを入れるタイプでしょうか。

 

太いゴム(巾15㎜以上)を入れる場合は、

ゴムを後で入れるのではなく、

ゴムを入れ込みながら縫います。

あとでゴムを入れてもOKなのですが、

通した後、ゴムをミシンで止め縫いするので(手縫いでもOK)

それなら入れ込んで縫っても同じかな?

と思いながら縫っているうちに、

慣れたので、以来この方法です。

 

 

今回は裏付きの場合の縫い方をやります。

 

スカートなどは、春夏でも裏が必要なことがあります。

総ゴムで裏付きは案外良いのですよ。

何が?  ってとこですが、

エストベルトをたたくとき、

はずす心配がないのです。

 

 

 

それでは実際に縫っていきます。

 

今回のデザインは、

ベルト巾が広めで、ウエスト端はフリル状になります。

ゴム巾は30㎜の予定でしたが、

なかったので25㎜を使用しています。

 

本体を縫い、ベルトと裏スカートを接いでおきます。

ベルトは見返し側を5㎜のゆとり分をとって、

エスト端のところをアイロンで折っておきます。

f:id:navistyle:20190301210936j:plain

ベルト通しが仮付けしてありますが無視してくださいね。

 

 

中表に合わせます。

f:id:navistyle:20190301211043j:plain

 

 

 

合わせました。

f:id:navistyle:20190301211144j:plain

 

 

 

ぐるっと縫います。

f:id:navistyle:20190301211325j:plain

 

 

 

縫い代はベルト側に倒します。

f:id:navistyle:20190301211435j:plain

 

 

こんな感じです。

f:id:navistyle:20190301211536j:plain

 

 

本体スカート ~ ウエストベルト ~ 裏スカート

という順番につながっています。

f:id:navistyle:20190301211626j:plain

 

 

スカートのかたちを整えます。

f:id:navistyle:20190301211725j:plain

 

 

 

ゴムを輪にしてつなぎます。

f:id:navistyle:20190301211826j:plain

ゴム上がりはウエスト寸法 - 3㎝ +重ね分1㎝  

と言うのが良いと思います。

ゴムって、ウエスト寸法そのままですと、着用するとゆるく感じます。

 

 

ゴムが輪になりました。 ̠

f:id:navistyle:20190301213609j:plain



 

 

表面を内側にします。

f:id:navistyle:20190301213413j:plain

 

 

まず、ウエストベルトのフリル分を縫います。

f:id:navistyle:20190301213458j:plain

 

 

 

 

表地と裏地のあいだにゴムを入れ込みます。

f:id:navistyle:20190301213733j:plain

 

 

 

ゴムをフリル分で縫ったステッチまで入れ込みます。

f:id:navistyle:20190301213825j:plain

 

 

 

ゴムが入った状態で、ベルトの端をコバステッチでたたきます。

落としミシンでもOKです。(デザインやお好みで)

f:id:navistyle:20190301213923j:plain

少し縫いにくいですが、縫っている面は常にゴムは平らになるようにします。

 

 

 

少しゆるめですが、ゴムが入りました。

f:id:navistyle:20190301210844j:plain

 

 

 

リボンでゴム部分をカバーするデザインです。

f:id:navistyle:20190301214218j:plain

 

 

 

 

ゴムもいろいろです。

 

 

これは裏地とベルトがくっついているので、

裏からの見た目もすっきり、です。

 

夏場は薄地の透けるような生地も多いですし、

裏地がつくとシルエットもしっかりします。

 

ゴムベルトは本体続きが一番簡単ですが、

エストベルトを別立てにすると

作れるデザインの幅がぐ~~~んと広がります。

分量の多いタックやフレアーなどはベルトを別立てにしないと

出来ないですね。

 

パンツの場合も理屈は同じです。

 

 

 

簡単でいて、意外にわからない裏地付きの総ゴムウエストでした。

 

 

 

 

では。

本日もありがとうございました👶